長い名前

患者さんの歯の色を見に行って、どの色が一番近いか参考にする色見本があります。シェードガイドと言います。歯の部分はセラミックという材料で作られていて、金属の薄い板に番号がついています。この写真だとW0~A4のあたりまで写っています。比較的A2~A3という患者さんが多いです。年齢とともに透明感が増し、赤っぽい茶色が反映して深みのあるカッコイイ色に変化していきます。

前歯を1本だけ治療する場合は非常に難しいのですが、出来る限り隣の色に似せて違和感のない様に作ります。

そして4本以上治療する場合などは、選択できる色に多少幅が出てきますが、下の歯の色とのバランスなどもありますので、意外と悩む事があります。やはり白くて美しい歯を希望される患者さんが多いですが、「家族や友人から白すぎて違和感があるって言われて・・・」と後悔される方もいらっしゃいます。

完成品を作る前にシュミレーションをする方法があります。プロビジョナルレストレーション。長いので(笑)省略してプロビと言われています。

俗に言う仮歯(かりば)と材質は近いのですが、その働きは全く違う意味を持ち、とても重要なステップです。噛み合わせの状態から長さや形を審査する事で、割れたり欠けたりするリスクを減らす事ができますし、歯の形が歯肉と良好な関係であるか判断したりと、最良の結果を得る為に様々な情報収集をする工程です。多少、時間と費用が掛かりますが、その後何年もご自身の体の一部となり、人の目に触れる場所です。満足のいくものをセットして思いっきり笑って欲しいです。

人生で歯を取り換える事などそう何回もないはず・・・最高の笑顔で周りの人達も幸せにしてあげましょう。

 

 

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ