試適の効果

今日は試適(してき)についてです。患者さんの差し歯を製作する時、「歯の色を見に来て欲しい。」と歯科医師から依頼されて診察室にお邪魔し、患者さんにお会いする事があります。

シェードテイキング・シェードテイク・シェードセレクションなど言い方は様々ですが、差し歯を製作する歯科技工士さんが肉眼で歯の色を観察して、写真を撮ったり、スケッチをして歯の構造から色の特徴や配置を検討します。また、患者さんから色や形について要望を聞いたり、疑問にお答えするのも大事な仕事です。

私は20代の頃、北海道で仕事をしていたのですが、青森県に帰ってきて思ったのが”県民性”の違いです。北海道の患者さんは比較的ハッキリと思っている事を伝えてくれる人が多いのですが、青森県の患者さんは、とてもシャイで遠慮深く、「いろいろ意見を言うのは申し訳ない。」と思ってらっしゃる方が多いようです。

服は着替える事が出来ますし、お化粧は簡単に直す事が出来ますが、差し歯はそう簡単にはいきません。特に前歯はその人の笑顔の印象を大きく左右する重要なパーツです。後で後悔する事が無いように十分に検討して、気になる所がありましたら伝えて頂きたいと思います。何十年もご自身の体の一部となり人目に触れる所ですからね。

そこで今日のお題の試適です。一度で完成させるのではなく、途中で色や形のチェックをする工程です。来院数が一回増えるので、大体の患者さんが渋るのですが(笑)

この症例の場合ですと

試適の時がこれです。肉眼だとかなり白く見えます。

完成です。多少色が濃い部分がありますが(汗)。一回目の白さだと肉眼で見るとヒドイもので、写真なのであの位で収まっているだけです。

この画像では、まあまあ良い感じに写っていますが、肉眼だと「ん~惜しい。」という感想です。専門的な話になりますが内部ステインを多用したり、外部ステインで修正した物は正面のアングルと写真写りが良いだけで、太陽光で斜めから見ると違和感のある仕上がりになってしまうため、出来るだけ陶材で表現するべきだと感じた症例でした。

患者さんはとても喜んでくれたので、無事にセット出来ました。一回でドンピシャに合う事は・・・まず、ない(泣)。と思って頂ければ有り難いです。

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ