安いのには訳がある

前歯の真ん中の歯を中切歯(ちゅうせっし)と言います。

この歯を1本だけ作る事をシングルセントラル症例などと呼んだりするのですが、この症例がとても難しく、楽しいです。

オールセラミックと言われる差し歯は内部に金属を使用していないので、とても明るく健康的な発色をするので人気が急上昇中です。

歯医者さんで差し歯を選ぶ時、種類が多いので悩んでしまいますよね。

レイヤリングとかステイン、プレミアムとかスタンダードなど歯科医院によって表示が違うのでますます判りにくくなってしまいました。

簡単に分けると作り方が2種類に分かれます。

レイヤリング法象牙質やエナメル質を色の違うセラミックで何層も重ねて作る

  ステイン法=1種類のセラミックで形を作り、表面に色を塗って作る

製作時間や難易度がかなり違うので、値段も違います。

レイヤリング法は微妙な色の濃淡や透明感の変化にも細かく対応できるので、前歯を作るのに適しています。

ステイン法は構造が単純で強度があるので奥歯や、本数の多いブリッジなどに採用されます。最近は透明感のある素材の開発が進み、前歯にも使えそうな物も出始めてきました。しかし、複雑な色の変化のある歯や透明感のグラデーションが強い歯にはまだ対応しきれないのが現状です。色のアレンジをする手段が表面に塗る絵の具の様な素材に頼らざるを得ないためです。

ハリウッドの女優さんや、芸能人の皆さんの様に白くて単純な歯の色はステイン法で製作可能です。

しかし、シングルセントラルの場合ステイン法で色を合わせるのはとても困難です。隣の歯が差し歯で単調な色をしているなど、かなり条件が絞られてきます。

歯科の相談を受け付けるサイトを覗いて見ると、ステイン法で製作した差し歯の色に納得できずに、トラブルになっている件をよく拝見します。リーズナブルな価格は魅力がありますし、歯科医院の説明不足が原因だったりする様です。安いのには訳があるという事ですね。

差し歯を製作する技工士さんに同席してもらい、しっかり写真を撮り、納得するまで説明を聞いて治療を受けていればトラブルにならなかったのかもしれません。作るのはたった1本ですが、多くのステップを確実に実行し、様々な準備をしっかりやってこそ良い製品が出来上がります。

 

高音質ナビ

皆さん車にナビは付いてます?

私は方向音痴なので付けてます。お電話を頂いた歯科医院さんに初めてお伺いする時などに使います。

でも、普段は大間町の周辺しか運転しないのでナビの機能はほとんど使わないんですけど(笑)。

皆さんもそうだと思うのですが、CDを聴いたり、ラジオをつけたり、オーディオ機器として使う時間の方が圧倒的に多いですよねぇ。

なので「音がいいナビ」というのがありましてね・・・

ダイヤトーンに反応したあなたは40歳以上ですね?

三菱電機のオーディオ部門のメーカーさんで、素晴らしいスピーカーを数多く生産してきた事で知られています。バブル崩壊後しばらくお休みしていましたが、数年前からカーオーディオ製品を中心に頑張っております。ダイヤトーンと言えばスピーカーが有名ですので車のナビを発売した時は「え?」と思いましたが、しっかり車のスピーカーの発売も同時にしていました。

妻の車を買い替える時、そのナビとスピーカーを装着したデモカーがありましたので音を聴かせて頂きました。

もう即決でしたね(笑)。凄いんですよ。本当に。サウンドナビという名前だけに、音質で勝負しているのでナビの機能がイマイチで、スマホに負ける位でしたね。

カーステレオにオマケでナビ機能が付いていると思えば良いのです(笑)。

発売当初は、ナビの仕事をスマホやポータブルナビに任せて、サウンドナビをオーディオ専用機として使う強者まで現れました。私もその中の一人ですけど・・・。

車の中は運転席から各スピーカーまでの距離にバラつきがある為、耳に届く音のタイミングもずれてしまいます。

耳からスピーカーまでの距離を測り入力すると、ナビが計算して同時に耳に届くように音を出してくれます。とてもマニアックな機能のようにも感じますが、カーオーディオの場合ここが大事なポイントです。ボアボアしていた低音が引き締まり、中~高音は伸びのあるクリアな音に変化します。

さらに高音質で楽しみたい方はスピ-カー交換をおすすめします。車に付いている純正のスピーカーは軽量化・コストダウンの為とんでもない品物が使われています。

スピ-カー交換しただけでも劇的に良い音になります。値段はピンキリですけど・・・。

ダイハツのタントカスタムはスピーカーの位置がフロントドアの膝のあたりに付いているので、調整次第ではダッシュボード~フロントガラス付近から音が聴こえるようになります。

コアキシャルスピーカーで十分です。

私のヴォクシーはフロントドアの一番下。くるぶしの横にスピーカーが付いていて、絶望的な音質です。

ちなみにNR-MZ100というモデルからはナビ機能が大幅に改善されて、素晴らしい大変身を遂げました。

 

ニューアイテム

ちょっと専門的なお話ですが、QDT1月号~3月号の湯浅先生の論文。とても面白かったです。

ちょうどシングルセントラルの症例が何個かあるので、画像合成試適にチャレンジしたいと思い買ってみました。

全く同条件で撮影出来るかが最大のポイントみたいですね。ほんの少しのズレが命取りになりそうですが、マスターしてしまえば凄い武器になるはず・・・。

写真を撮るカメラと言うより、測定機器の様な使い方ですね。ただ、比較・確認方法の道具、手段のひとつにすぎないので狙った色に配色・築盛する技術や収縮のコントロールなど、基本的な部分がしっかり出来て初めて生きてくる方法だと思います。

自分のクセや弱点を炙り出してくれそうです。それだけでも大きな意味がありますよね。

この手法を活用する為には、シェードテイクに出掛けて自分のカメラで自ら撮影しなくてはなりません。院内ラボの技工士さんは良いですが、技工所勤務の技工士さんは少しツラいですね。

でも・・・色の修正や試適を何度も繰り返すよりは、一発で合格点がとれる可能性が高いので、患者さんの来院数を減らす事ができます。

高い精度でシェードマッチングが出来れば、シェードテイキング料金も請求しやすくなるかも知れません(笑)。

また楽しみが増えました。ワクワクしますね。

 

ギュイ~~ンっ!

カメラのフラッシュ(ストロボ)は単3の乾電池を使うのですが、バッテリーの消耗が結構激しいので撮影枚数が増えるとチャージ(フラッシュが使えるまでの準備時間)がスムーズにいかなくなります。当然、撮影時間が長くなってしまうので患者さんの負担も大きくなってきます。

パナソニックさんのエボルタを使ってきましたが、この先、何本使うんだろうと考えるとすごくコストの事が気になります。シェードテイクの時だけでなく製作途中の明度チェックでも撮影するので、かなりの本数を使う事になるでしょう。

そこで、以前から気になっていた充電式の乾電池を買ってみました。

エネループ プロです。やってくれそうな色です。約2時間程でフル充電。

早速カメラのストロボのバッテリーで試してみました。

電源ON!   ”ギュイ~~ン” うぉ~!!聞いた事ない音がする! 確かにハイパワーだ。でも機械的には大丈夫なのか?ヤバい音だったけど・・・。

高出力で連続で撮っても全く問題なし。なんでもっと早く使わなかったんだろう。もう普通の乾電池には戻れない。

300回充電して使えるみたいです。ノーマルタイプのエネループは500回充電できるそうです。目覚まし時計やリモコンなんかはノーマルタイプ、ストロボはハイパワーの方が良いみたいです。

使ってみて下さい。驚きますよ。

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ