左側・・・(笑)

お久しぶりです。

ワールドカップ見てます?。いや~決勝トーナメント進出です!

画像:スポーツニッポン

 

日本がいる左側の顔ぶれが凄い!!南米のチームが多いとワクワクします。

青森県民なので、柴崎 岳選手に注目してしまいます。素晴らしいプレーをしていますよね。ビッククラブのスカウトマンの評価も高いみたいです。大会後とんでもない事になりそうです。

NHKさんの特設サイトがとても便利です。動画のLIVE配信をしているので、会社にテレビが無くても大丈夫。

スアレスのファンです。‟南米の選手”って感じがとても好きです。ファルカオ・メッシ・ネイマールも楽しみです。

西野監督は批判を恐れず勇気ある決断・采配をしました。結果を出す為に。

この指揮官の決断により、選手の結束はさらに強まったはずです。6人メンバーを入れ替えて休息させた事。GKの川島選手に主将を任せて復調のきっかけを作った事。決勝トーナメント1回戦を戦う為の準備をしながらのポーランド戦だったのでしょうか・・・。

ベルギーは間違いなく強い。でも何か起こりそうな予感・・・。西野監督、もう一度奇跡を!!

 

 

モチベーションUP!!

昨日は午後からお出かけでした。

シェードテイキング・ジルコニアフレームの適合チェックと、別症例のジルコニアブリッジの打ち合わせ・作戦会議。

先生・スタッフさんの顔を見に行く事も大事な目的です。新しいスタッフさんもいらっしゃいました。

患者さんは若い女性で、どこにも補綴物(ほてつぶつ:作り物の歯の事)がないので、お口の中がとても明るい!

キレイですねぇ。何時間でも見ていられます(笑)。金属がないとここまで違うのかと改めて思いました。フレームはもう少し小さくしようかな・・・。

適合はバッチリ。先生の支台歯の形成(柱の削り方)が上手なのと、シリコン印象(歯の型を採る作業)がパーフェクトなので当然の結果ですね。フレーム製作をお願いしている技工所さんの技術力にも助けられております。いつもありがとうございます。透明感のあるジルコニアディスクで削り出しをしたので、周囲のピンク色を取り込んでお口の中に溶け込む様な雰囲気です。プレスセラミックに近い感じ。

シェード写真を撮ろうかなと思った時、前歯に目がいきました。これがまた・・・とってもキレイお願いして撮らせて頂きました。

こういうシンプルな、特徴が少ない歯がムズカシイです。明度を合わせるのが。

先端の透明な所に注目です。写真だと青黒く見えますが、肉眼だとガラスのような透明です。写真と肉眼の違いで悩まされるのが透明感・奥行きです。

患者さんによっては、こういう色の段差がイヤだったり、ここまで表現しなくても良いと考えている方もいらっしゃるので、よく話を伺っておく事も大事です。

見る角度や光の当たり具合で、透明・グレー・ブルー・黒など見え方が変化します。こういう所は歯の構造に要因がある事が多いです。模型で裏側から見てみると

こんな感じです。噛み合わせ等により擦り減って出来る形なのですが、歯科技工士が差し歯を作る場合はチッピング(欠けたり・割れたりする事)のリスクがあるので、このような形には作れません。一般的に・・・。ですので、こういう部分にはグレー・ブルー・透明な材料を使ってそれっぽく見せるしかありません。

サンプル模型などで練習しないと・・。今回の仕事は奥歯なんだけど(笑)。

今回は新人のスタッフさんに撮影のサポートをして頂きました。トライインペーストの役割・使うタイミングなどの質問をしてくださいました。仕事に向き合う姿勢が素晴らしいです。見習いたいですね。こちらのモチベーションも上がります。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

模型上では、こんな感じに仕上がりました。

 

自分の歯を作る。

ガタガタですねぇ。こんなに悪かったのか・・・。これ私の模型です(笑)。

下の小臼歯がもうダメだったのでクラウンを入れました。金属代がもったいないので、プレスセラミックです(笑)。

あまり受注がない色のインゴット(材料)でプレスしました。在庫処分です。ステインで色を似せる事もできますが、忙しかったので咬合面だけ・・。

自分の歯なのに気合いが入りません(笑)。グレーズペーストを塗りまくって、ズルンズルンに・・・研磨の時間短縮です。

これ、私のです。白ければ良いのです(笑)。歯ぎしりが強烈なので素材のチョイスが難しいです。出来る限り天然歯と同じ減り具合のモノが良いのでしょう。ゴールドクラウンも考えましたけど・・・さすがに、ねぇ。

フルジルコニアなんか入れたら、とんでもない事になるんでしょうねぇ。硬すぎて別な問題が出てきそうです。反対側にメタルセラミックが入っていますが、割れたり・欠けたりせず丁度いいスピードで擦り減っています。メタルセラミックはオールマイティですよね。適合も良いし・・・。

同じ日に作った患者さんのメタルセラミックです。↓この後もう少し研磨をしてから納品しました。患者さんの症例は気合いを入れて丁寧に製作していますのでご安心下さい(笑)。

症例により何がベストなのか患者さんに説明・提示できないと信頼を失う事になってしまいます。最新が最善ではないと言う事ですね。

新しい術式やマテリアルがどんどん出てきますが、特徴や物性をしっかり把握していないとダメですよね・・・。

鈍器(どんき)のような物

ヤバい・・・。そろそろアイツを何とかしないと・・・。

安い冷蔵庫によくある症状。アイツのできる場所。まず電源を切り、扉を開けたままにしてヤツを弱らせる。

下がびっちゃびちゃになってきたら・・チャンス。

鈍器のような物で背後から・・・。ためらうな・・・。冷蔵庫は壊すなよ。

かなり弱ってきたのにこのサイズ。

完全に分離した冷凍室ではなく、冷凍ゾーン(笑)。

パワーを高めに設定する夏場に奴らは巨大化します。皆さんの冷蔵庫は大丈夫?

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ