誰が作っても一緒?

先日の地震でジルコニアフレーム製作をお願いしていた北海道のラボさんに発注する事が出来ずに、急遽、仙台のラボさんにお願いして助けて頂きました。フレーム試適に立ち会いましたが、適合も良かったです。本当にありがとうございました。

北海道のラボさんも宅配便が再開直後に発送して下さり、患者さんのアポイントを変更する事無くフレーム試適を終えました。携帯電話の充電も難しい状況の中、個人の携帯電話で連絡して下さった営業課の〇井さん(同期入社の元同僚です)。プロ根性に脱帽です。これからもよろしくお願いします。

初めて挑戦したジルコニアインレーブリッジもなかなか良い感じ。歯科医院の先生と「どうする?怖いけどやってみる?」悩みました。残念な評判が多かったですからね、勇気が要りましたけど・・・。

咬合調整の途中(噛み合わせの高さの調整)ですが・・・イイ感じでしょ。

さすがにフィット感はプレスセラミックには負けるけど、臨床的には全然OKな雰囲気です。実際に作ってみて感じた事は、CAD/CAM製品は‟半製品”であると言う事です。

特にインレーのようにシビアなマージンフィットが求められる物は削り出しの時のチッピングを完全に回避できるだけの厚みを残して焼結し、マージンフィニッシュは技工士さんが顕微鏡を覗き、息を止めて(笑)チッピングの恐怖に震えながら薄く仕上げていくしか方法がありません。CAD/CAM製品は誰が作っても一緒という意見も目にしますが、現場の技工士の感想としては、全く逆だなぁと思います。

ジルコニア対応型の強烈な研削能力のラウンドバー・フィッシャーバーが有ればなぁ・・・。腱鞘炎になりそう(笑)。

患者さんへ・・・

診断用ワックスアップ

治療に入る前に、‟完成後はこんな感じになりますよ”というゴールを見ておく作業です。

完成予想図みたいなものです。歯の形や位置を改善したり、治療本数が多めで歯並びを改善する症例などに行います。

患者さんの要望を聞いたり、セットする差し歯の材質選びの参考にしたり、脱離や破損などのトラブル回避につながる等、意外と重要な作業です。‟上の歯を直す前に、下の歯並びを改善しておく必要がある”など患者さんへの説明もし易いですからね。

ひとつ・ひとつのステップを大事に、しっかり準備をする。これ大事ですよ。

決して安い買い物ではありません。

「その場で簡単に」・「一日でOK」よりは、しっかり話を聴いてくれて、回数・時間をかけて診てくれる所が良いと思いますよ。

判っているようで、解っていない

「こういう本が出るみたいだけど、知ってる?」勉強マニアな先生から情報を頂き、即予約していた本が届きました。

初代の方が発売されたのは11年前だそうです。

一眼レフカメラを購入するきっかけになった一冊です。本州最北端の町の小さなラボですが、ジルコニアをはじめとする多くのセラミック製品を受注出来ているのは、カメラを武器にして頑張ってきたからだと思います。

11年も経っていると、技工操作も激変しています。カメラと画像編集ソフトを使いこなす事が出来ないと勝負にならないレベルになってしまいました。特にジルコニアセラミックやプレスセラミックの場合は周囲の色を取り込んで成り立つ製品の為、歯肉付き擬似支台歯模型の製作から始めなければなりません。製作にかかる時間・コストは掛かりますし、作業の難易度はとても高いです。

しかし、正確なシェード画像がなければ、多くの煩雑な作業も全てムダになってしまいます。シェード写真撮影がどれだけ重要な作業であるのか、とても詳しく書いてありますので歯科医師・スタッフの皆さんにも是非読んで頂きたいです。

我々、歯科技工士も写真の重要性をアピールする活動を強化していかなければならないと思います。

 

トレセン行きたいけど、なかなか・・・覚悟・決心・お金・時間・・・そんな私のような技工士さん。せめて知識・学術的な所から始めますか(笑)

形態や質感がマッチしていないと色も違ってみえますからねぇ。

形態の事って、判っているようで、解っていないんですよね。

 

気になる事+追記

「川岸さん、ブログ見ましたよ~。」

いろんな方々が声を掛けて下さいます。有り難いです。

さて、皆さんインターネットを使う時にどのブラウザをお使いですか?

私はグーグルクロームをメインに使っていたのですが、最近、画像表示がおかしくなって緑や赤の四角いノイズが入る様になってしまいました。イロイロ調べて設定をいじったら直りましたが、画像の色がおかしい気がする・・・。

調べてみると、クロームの色味が変わって悩んでいる人が結構いるみたいです。

使うブラウザによって色が違うらしいですね。知りませんでしたよ。

私の会社のホームページで検証してみました。こちらがグーグルクローム

左の上下に並んでいるのが、WEB上のホームページの画像。右の1枚が元のJPEG画像です。色がくすんでいて、地味になっちゃっています。ショックです。

で、こちらがインターネットエクスプローラーこちらもオリジナル画像とは違いますね。濃い目の味付けです。

両者を比較してみると・・・。左がクローム・右がエクスプローラーです。皆さんがお使いのモニターによっても違うと思いますし、肉眼での見え方も違いますので、確認してみてくださいね。ここまで違うと少し・・・こう・・・何というか・・・イヤですねぇ。

プロの写真家さんや、ウェブデザイナーさんは、何を使ってるんでしょうか?

歯科技工士的には色の判別・透明感の比較にはエクスプローラーの方が判りやすい気がします。個人的な好みの問題ですので、ウチのホームページもエクスプローラーで見て欲しい(笑)・・・イヤ、別に良いんですけどね。

クロームは何か・・・こう・・・汚く・・・見える・・・ので(笑)。

マニアックな話題で申し訳ないです。いや~気になるなぁ~。

 

 

——–追記(9/12)—————————————————-

昨日の続きです。

このブログを見た方からメールが届きまして、とあるプロカメラマンさんのサイトを教えて頂きました。

ブラウザと色の違いについてとても興味深い事がたくさん書いてありました。

元画像に近い色で閲覧出来るブラウザ・・・ありましたよ!

firefoxです!!

ほんの少し彩度が強い位です。肉眼だとほぼ一緒です。いや~なんか凄く得をした気分です。使い勝手が良かったら、メインのブラウザとしてfirefoxを使ってみたいと思っております。

素晴らしい情報を提供してくださり、誠にありがとうございました。匿名でのメールでしたので貼り付けてあるURLをクリックするのに多少勇気が必要でしたが(笑)。ウェブデザイナーさん?プロカメラマンさん?マニアックな歯科関係者さん?かなり話題が偏っているこんなブログに興味を持って頂き、ホントに嬉しいです。これからもよろしくお願いいたします。

 

 

地震の影響について

未明に発生した、北海道を震源とする地震によりジルコニアフレーム製作を依頼しているCAD/CAMセンターも被害を受けた模様です。

混乱を増長する事を避ける為、こちらから連絡する事は控えております。センターからの連絡(SNSの公式発表など)を待ちたいと考えております。

今現在、北海道全域で停電していて、水道が使えず、道路もダメージを受けている為、宅配便の荷受け作業も停止しているとの事です。

ジルコニア製品を納品予定・発注予定の歯科医院様には、詳しい状況が判り次第、ご連絡致しますのでご理解とご協力をお願い申し上げます。

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ