NW-A55&追記x2

先日、妻と家電量販店に行きました。プリンターのインクを買いに・・・。

いつものようにオーディオ機器の方へ行くと、ウォークマンの新製品がありました。デザインもかなり変わって、カッコイイ

妻:「欲しいの?」

私:「今、使ってるやつ、まだ元気だしなぁ~。」

妻:「前のやつ、美容室で使うから、買えば?」

私:「えっ!マジで!?」

64GBのmicroSDカードもセットで買って貰いました

NW-A55という機種です。今月発売されたみたいです。

真ん中がメインで使用していたNW-A16。技工室の過酷な環境にも負けず頑張ってくれました。

A16とA55を同じ音源・同じヘッドホンで聞き比べてみましたが、40代の素人のオッサンでもはっきり違いが判りました。全然違いました。

ハイレゾ音源でもイコライザーが使える様になっているのが嬉しいです。ボリューム調節も120段階で良いですね。

お気に入りのいつもの曲も聴いてみました。ハイハットの小技まで鮮明に分かります。日本のバンドです。メロディック・デスラッシュというジャンルです(笑)

ひとつだけアレ?と思ったのが4分位の曲なのに、34分と表示される(笑)。プログレか?(笑)。ループ再生するわけでもなく、メッチャスロー再生されるわけでもなく、ちゃんと4分で終わるので別にいいけど・・・。ソフトウェア更新で改善されると思います。

SONYさんのLDACという技術が凄いらしいので、ワイヤレスヘッドホンが欲しくなりました。

 

———–追記——————————————————————

ハイレゾ・LDACは確かに凄いです。でもねぇ・・・音飛び・音切れがあります。

ので、やっぱり有線タイプですね。

出来れば1万円以内で・・・ハイレゾ対応で・・・リケーブルが出来て・・・(笑)。

見つけた!!

好みの音です。イヤーピースの選択が重要です。装着の仕方もね。

最初Lサイズのイヤーピースをセットしたら、あまりにも下品な低音でビックリしました。やっちまったと思いましたよ。

Mサイズに交換したら、ちょうど良いバランスになりました。少しだけ高域寄りの元気な音ですけど、他のメーカーさんのハイレゾ対応イヤホンは、高域の味付けが強烈でシャリシャリ・シャカシャカでした・・・。ハイレゾって、そういう事じゃないよねぇ。あれで3~5万円するんだから怖いですよ。

そう言えばビッグニュース。大好きなメタリカの4thアルバム

…AND JUSTICE FOR ALL

リマスター決定!!!! 

今の技術は凄いから、ベーストラックだけ抽出してレベル補正できるのかなぁ?

クリアでカッコイイ音を期待しましょう。

 

———–追記(11/25)——————————————————————

買いました(笑)。右がリマスター盤です。

今風な音。更にジャキジャキになっております。ベーストラックの音量は変わらず。ONKYOの小っさいスピーカーとAKGのヘッドホンだからなぁ・・・。

今度、ちゃんとした3Wayスピーカーで大音量で聴いてみます。

でも良かったですね。変に低域を盛って‟どよ~ん”とした音になるよりは・・・。

このアルバムの歌詞の世界観にはこの音がピッタリなのでは?

特に良い点は音量が大きめにマスタリングされている事です。

残念ながらボーナストラックがカットされています。好きな曲だったのに(泣)。

急ですが・・・。

10/19(金)20(の2日間、出張の為お休みさせて頂きます。

ご理解・ご協力をお願いいたします。

シェードテイクあるある

「A系のガイドだと、しっくり来なくて・・・C系を選んで撮ってみたんだけど。」

「C2が近い?・・・かなぁ。(笑)」

先生の自信無さそうな電話。どのシェードタブも合わないんですね。良くあります。合う事は無いですよねぇ。逆に・・・。

写真を撮る前に、患者さんの歯の色に一番近いシェードタブ(色見本)を選ぶのですが、この作業が意外と難しいです。この患者さんの場合ですと、Aのグループのシェードタブだと、妙にオレンジ色が強く見えたので‟しっくり来ない”と感じたのでしょう。

Cの1.5くらいに見えますね。では見やすい様に画像処理してみましょう。

C1と比較すると天然歯の歯頚部(歯の根元の所)には温かみのあるオレンジ色が見られますが、シェードタブは歯頚部の明度・彩度が低く、貧乏臭く(笑)見えます。e.maxで大失敗すると、この色になります。

C2は更に違いが判りやすいですね。e.maxで大失敗すると、この色になります。

少し違う処理をして、天然歯の色をシェードタブに貼り付けてみました。

やはりオレンジ色・赤みがあるので基本シェードはA系の方が良さそうです。A系のシェードタブと比べて、透明な層のエリアが広くて厚めなので、全体的な明度が低めに見えてしまう感じですね。透明感が少し強めなA系の色という所でしょうか。シェードガイドを明度ガイドとして使うとC系・D系のシェードタブに手が伸びてしまう事が良くあります。

ユニット(治療の時に座るイス)の近くに窓がない・天気が悪く太陽光が少ない時なども、C系・D系のシェードタブがドンピシャに見えてしまう時があるのですが、後で画像分析をしてみるとA系である事がほとんどです。A系・C系・D系の3パターンを撮影してしまうのもアリですよ。歯牙の乾燥に注意して下さい。

迷ったらA系を使って下さい。まず大丈夫です。後は明度が高いか低いか、透明感が有るか無いかぐらいですから・・・。

迷ったらA系を使って下さい。その歯は透明感の強い、明度が低めのA系の色です

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ