患者さんの本音とセカンドオピニオン

今日でラスト。寝不足です・・・(笑)。

歯科技工所のホームページのブログですので、歯科医院さんへのアピールだったり、凄腕技工士さんとの出会い・情報交換なんかを期待して活用しております。

どういう用語で検索をしてウチのホームページを訪問してくれたのかが分かったり、検索してくれた国が分かったりします。海外の技工士さん・歯科医師?はシェードガイドのガミーに興味があるみたいですよ。

一番驚いたのは一般の人・患者さんの閲覧が意外と多い事です。メール等で質問・相談をされる事もあります。

「歯科医院で見た時は良いと思ったんだけど・・・帰って家で見たら色がちょっと・・・。」

どう思いますか?と画像を送ってくれる患者さんもいます。大体が運悪く合着後・・・。

仮止め(仮着)だったら、色の修正ができるんですけど、本止め(合着)してしまったので、壊すしか方法がないんです。と説明する私の方も申し訳ない気持ちになってきます。

少し不満があっても歯科医師に本音を言うのはとても勇気が要るようです。

シェードテイクにお伺いして、私が差し歯を作る職人(外部の人間)だと分かると、イロイロな希望を話してくれます。歯科医院のスタッフさんにも聞こえない様に小さな声でね(笑)・・・。

長年、差し歯に不満を抱えて我慢してきた患者さん、初めて差し歯を入れる患者さん、つい最近差し歯を替えたばかりの患者さん。

皆さんどれくらいのクオリティーを期待しているのか感じ取る事が大事ですね。しっかりサンプル模型で説明して、クオリティーに応じてランク別に技工所に依頼している事、追加費用がかかる事も治療前に説明が出来ている場合と、トラブルが起きてからでは全く信頼度が違います。

この業界は治療内容・料金などの説明が圧倒的に不足していると痛感させられます。もっと努力が必要です。

10万円以上の出費をして黒い(暗~い・グレーな)差し歯をセットされた患者さんの画像を見ると悲しくなってしまいます。

まず仮着をして様子を見る事をお勧めします。安い買い物ではないんですからね。

 

今は純正

技工士さんから質問を頂きました。

「サイドフラッシュを横向きに付けたい」そうです。

横向きの利点は縦の時よりもフラッシュ光の反射エリアが少なくなる事です。

犬歯・第一小臼歯の辺りも明るく撮影出来ますし、大臼歯部分にもフラッシュ光が届きやすいです。リングフラッシュには負けますけどね・・・。

フラッシュ用のブラケットはどこのメーカーさんでも良いと思いますが大事なポイントが一つあります。

レンズとフラッシュの位置を同じ高さにする事です。

目標歯とシェードタブに等しい光量が当たる様にする為です。

高さの調節に便利なのは小型のボールヘッド(自由雲台)です。

ネット通販のサイトにイロイロありますので探してみて下さい。楽しいですよ。

ただね・・・。

メチャクチャ重くなりますよ(笑)。

持って歩くのが嫌になるかも・・・私は現在、純正の装備です(笑)。

心優しいジェントルマン

こんにちは。今日はジルコニアクラウンの臨床例です。

シェードテイク画像です。支台歯が暗いですねぇ。要注意です。

上の唇が少し下がっただけで、フラッシュ光の当たり具合が減少して、歯頚部の明度が低く写っています。写真は‟カメラのスペックよりも撮り方”が重要です。

撮影者は私です(笑)。

こっちが松風さんのシェードガイドで

こちらがVITAさんのシェードガイドでの分析画像です。

・・・で、製作したのが

こちらです。ジルコニアフレーム試適は省略して、色調確認試適に進みます。

やっちまった。見事な明度低下・・・。彩度も低く、オレンジ色が弱いです。

修正箇所を説明する為に患者さんに鏡を渡したところ

「おぉ~いいねぇ~。」

あれ?ホントに?ニコニコしながら鏡を見ています(笑)。

男性の患者さんの場合こういう事が良くあります。が、この色では納品出来ませんので・・・今日は試適ですからね。

「別に気にならないけどな~。」の一言でグッとハードルが下がりました。

 

——–修正中——–

 

 

修正が終わったら擬似支台歯模型にセットし、いろんな角度で撮影。どんな発色をするのかをチェックします。

とても有効な技工ステップです。かなりの手間と労力が必要ですが、この作業をする事で高精度な確認が出来ます。

 

そして、セット当日・・・。

まだ暗い?(汗)。

表面をもう少しツルッとさせたかったです。

患者さんは満足して下さいました。それが一番大事です。

側切歯は反対側に似せる事に加え、中切歯・犬歯との連続性や周辺との調和も大事なので、中切歯を製作する時とは違う面白さがあります。

製作した方は反対側よりもスペースが広くて、どうしても幅が広くて違う形になってしまうのですが、とっても優しいジェントルマンでしたので歯の形も優しい感じに製作しました。

ポーセレンルームに余裕がある症例こそ明度低下に気をつけないと・・・。

 

便利なヤツ(良い意味で)

ソフトボックスやバウンサーなどフラッシュ光を和らげる機材を使用した画像は「白とび」の面積が大きくなる傾向がありますので、シェード写真にはあまり適していません。

フラッシュ光の反射の発現部位で、目標歯とシェードタブが適正位置にあるかどうかを確認したいので、広範囲に光ると判定しにくくなってしまいます。

患者さん説明用の画像やホームページ用の画像としてはアリですけど・・・。何とも言えない美しい仕上がりに撮れますからねぇ。

多少、色がずれていても表面のディテールさえ似せてしまえばイイ感じに撮れてしまう便利なヤツです。

3Dマスターの新しいタイプ

3R2.5

見慣れないシェード番号だなぁ。もしかして・・・。VITAさん?

「3Dマスターの新しいタイプのほうなんですけど・・・。」以前から興味はありましたので、準備しました。

ん~カッコイイ。

基本となる明度ガイドでグループを選んで、色相・彩度を絞る感じでしたっけ?

6個の明度グループが5個のホルダーに分けられています。明度ガイドの6色は重複するので、全29色の構成です。

これが基本の明度ガイド。どれどれ・・・。

モノクロ画像だと判りやすいですね。

これが明度3グループのホルダー。黄色系(L)・赤系(R)の色相と、数字で彩度が違っていくんですね。これらが全て同じ明度なの?ホント?どれどれ・・・。

おぉ!ホントだ。面白いですねぇ。どうしても明度と彩度が連動する濃度で見てしまうからでしょうか?。

差し歯を作ってまず違和感を感じるのが明度のズレなのですが、明度だけを見抜く・判別するのはとても困難です。皮肉な事ですが・・・。明度だけを判別できるモノクロ眼鏡でもあれば便利なんですけど・・・今度ドラえもんに聞いてみます。

ただし、松風さんのシェードタブに置き換え・変換してセラミックを築盛する事になります。ので、誤差が出やすいスタートになってしまいます。貸出用の松風ヴィンテージシェードガイドを用意してありますので、試適の時にそのシェードガイドを使って写真を撮って頂ければ有り難いです。

ジルコニアなのに、メタル試適?

こんにちは。寒くなってきましたね。

今日はジルコニアフレーム試適のお話です。少し大きめ・長めの症例の場合にはジルコニアフレーム試適の前にメタルフレーム試適をお願いしています。

何故かというと、適合が悪く・カタついたりした場合にメタルのように「切断・ろう着」と言う作業が出来ない為です。

作業模型で製作されたメタルフレームが口腔内にストレスなく入り、マージンの適合が良い事を確認してからジルコニアフレーム製作に移行します。

模型の寸法精度・支台歯トリミングの正確性を検証する為のステップです。

適合チェックが終わったら、試適時に気づいた形態の不備を修正して、CAD/CAMセンターへ。

ジルコニアフレームの再製作には必ず製作料金が発生しますので、とても大事なステップです。

ご理解・ご協力をお願い致します。

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ