便利なヤツ(良い意味で)

ソフトボックスやバウンサーなどフラッシュ光を和らげる機材を使用した画像は「白とび」の面積が大きくなる傾向がありますので、シェード写真にはあまり適していません。

フラッシュ光の反射の発現部位で、目標歯とシェードタブが適正位置にあるかどうかを確認したいので、広範囲に光ると判定しにくくなってしまいます。

患者さん説明用の画像やホームページ用の画像としてはアリですけど・・・。何とも言えない美しい仕上がりに撮れますからねぇ。

多少、色がずれていても表面のディテールさえ似せてしまえばイイ感じに撮れてしまう便利なヤツです。

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ