運も実力のうち?

こんにちは。今日はジルコニアクラウンの臨床例です。

ジルコニアフレーム試適&シェードテイクです。

参考にする反対側の歯は治療の痕跡があり、もともとの色が分からないので中切歯(真ん中の歯)を参考にします。

ちょうど半分で大きく色が分かれてますね。上の方がグレーで下の方がオレンジ・ピンクです。

詳しく分析してみます。

天然歯は切縁(上の方)にフラッシュ光の反射エリアがあり、シェードタブは歯頚部(下の方)に反射エリアがあるので、とても信頼度の低い画像です。

下顎の症例は撮影が難しいです。

撮影者は私です(笑)。

困難なスタートになってしまいました。さらに・・・・・・・・・・・・・・・・

支台歯の色を確認する画像を撮り忘れました。

ダブルミス・・・。ジルコニアフレームの色調が白すぎるので、上半分の透明感・グレーな感じを表現するのは激ムズです。フレームの反射を抑えて存在を消すワザが必要です。

一発OKをもらうのは絶望的か・・・。いや、頑張って行きましょう。

下顎はセラミックを盛れるスペースが少ないのでフレームの下地処理がとても重要です。模型上でこの位の色調で仕上げて納品しました。

—————————————————————————————————

数日後、先生からメールが・・・「バッチリでしたよ。」

あれ?修正の依頼じゃないのか?画像を添付して下さいました。セット前がこちら

こういう支台歯色だったんだ・・・結構差がありますねぇ。そしてセット後が

長さが揃わないのは、噛み合わせの関係です。側切歯エナメル色の白さ加減と歯頚部のピンクっぽさが、やや不足していますが、悪くは無いと思います。下地処理の工夫が良い効果を生みました。

それにしても、キレイな画像ですね。ありがとうございます。歯科医院さんからフィードバックがある事で今後の対策を考える事が出来ます。

ラッキーでしたね(笑)。

——————————————————————————————————————

そう言えば、「ブログの症例をもう少し大きいサイズで見たいです。」

とリクエストがあるのですが・・・・・

Googleの場合は、右クリックして ‟新しいタブで画像を開く”

Firefoxの場合は、右クリックして ‟画像だけを表示”

をクリックすると見る事が出来ます。あまり細かい所は見ないで下さいね(笑)。

 

 

 

 

コツコツ行きましょう

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

昨年は自費率がグンと伸びて、とても良い1年でした。皆様のお蔭です。ありがとうございました。

非常に忙しく、充実しておりましたが、プレッシャーと寝不足により多くの髪の毛を失ってしまいました(笑)。

そんな私を気遣って友人が差し入れを持って来てくれました。

「これ食って頑張れ。」

その友人は白髪が増えて気にしているのですが、白髪だって髪の毛ですからねぇ。羨ましい(笑)。

そう言えばマグロが3億円超えです!

ジルコニアクラウン何本作ったら3億円になるんだ(笑)?

まぁコツコツ行きましょう。さすがに1人だとキツイ仕事量になって来たので、そろそろ技工士さんを募集しようかなぁと思っておりますが、とてつもない人手不足のようで難航しそうです。

 

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ