基本

こんにちは。暑くなってきましたね。と言っても大間は27℃・・・。

いつもお世話になっている㈱松風さんがCAD/CAMの出張デモをしに訪問して下さいました。機材一式持ち込みでわざわざ大間まで・・・写真を撮るのも忘れて勉強させて頂きました。サンプル模型の写真ですが・・・。

その中にひとつ驚いたモノが・・・。

インレーです。削っただけ・・・。内面の調整もマージンのフィニッシュもしていない状態。ジルコニアインレーの色調が歯質にどれだけマッチングするのか?そこはポイントでは無くて・・・。

注目すべきは加工能力の高さです。

我々、歯科技工士がセラミックインレーのマージンフィニッシュをする際に気をつけるポイントは、チッピングさせずに薄く仕上げる事です。

インレーに対する研削バーをあてる角度・回転方向・回転速度・圧力など・・・。

スキャナーの精度や加工機のスペックは横並びの状況です。

指令を出すソフトウェアが大事なようです。加工するマテリアルに応じて攻め方も変えますからね人間は。

人間っぽさを装備してないと、ここまで出来ないよねぇ。

㈱松風の今野さんにクラウンをデザインする所も見せてもらいました。デザインしながら発した言葉が印象的でした。

「ご覧になって分かると思いますが、しっかりと歯牙形態を理解し、臨床現場で起こりうる様々な現象を加味してデザイン出来るベテラン技工士は強いですよ。」

そうだよね。途中の工程・手段が変化しただけでゴールは変わってないんだから・・・。経験の差がチェアタイムに直結すると思います。

「大事な事は何も変わってないんです。」

 

この春から技工士学校に通学している長男から写真が・・・

懐かしいねぇ。夏休みの宿題で歯形彫刻に使う石膏棒を製作してるんですね。

俺もやろうかな(笑)。

㈱松風の今野さん・濱田さん 遠いところ足を運んでくださり、ありがとうございました。とても勉強になりました。

目先の利益ではなく、ユーザーの気持ちを汲んで話をしてくれる姿勢や、そのラボには何がベストマッチなのかを的確にアドバイスしてくれる点、何より自社製品の弱点・発展途上の部分を隠す事無く説明したうえで、快適に使いこなすポイントを教えてくれる本音トークの営業にいつも驚かされます。田舎の無知な手のかかる技工士ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

 

浮気未遂

待っていました。プレスセラミックでA1やB1より明るい色の再現はとても難しかったですから・・・。

「この症例。ジルコニアプレスどっちがいいですか?」と先生に聞かれると

ジルコニアですかねぇ。」と答えてしまう私・・・。

ジルコニア用陶材のZRと比べると色の種類が少なすぎるし、焼成回数によって明度が変化する所もイヤ。

この陶材だけ松風イズムを継承していないので、そこも難しい。

という事で苦手意識が先行して、あまりコマーシャルをしていませんでしたが、レッドシフトの方法も教わりましたし、焼成回数の明度変化も良い対処法を見つけたので大丈夫。

裏技と併用する事でメタルコアだっていけるしね。ジルコニアフレームの外注費も無いし、納期も早くて、適合が良い。

使いこなせれば、とても良いマテリアルなんですよねぇ本当は。

特殊色もZR並みになってきたので、プッシュしようかな・・・。

それと・・・面白いのが

ジルコニアフレームにも使える!?

まぁZR陶材を全色持っているから、出番はないけ・・・いや、待てよ。

海外のあのメーカーに近い発色なので・・・アリかな?

GCさんのイニシャルに乗り換えようかなぁ。と思っていましたが、やめました。

上昇気流

先週の土曜日。五戸町にある松尾歯科さんへ行ってきました。

デジタルカメラを使用したシェードマッチング法にかなり早い時期から興味を持って頂き、とてもお世話になっている歯科医院さんです。

今度、口腔内写真の勉強会を企画するので講師をお願いします。」前回ラボ見学にお越し頂いた際に提案がありまして

「いいですねぇ。やりましょう!!」という事で、開催の運びとなりました。

しっかりとした規格性を持った、理想的なシェードテイク画像はシェードマッチングに欠かせない物です。正確な情報伝達の手段として非常に重要です。

 

勉強会終了後、夕食会にもお招きいただき交流を深める事が出来ました。

仕事に対する向上心・情熱・誇り・信頼関係・・・。見ているだけで、こちらも幸せな気分になってしまう・・・。素晴らしい皆さんでした。

 

 

 

そりぁハゲるわ・・・。

ジルコニアフレームのデザインとカラーの選択って難しくないですか?

支台歯が変色してたり、暗めのファイバー・レジンコアだったりすると不透明で明るいタイプを選択するんですけど、対合歯がイヤ~なポジションだったり、強烈なファセットがあるとビビッてフルバック形態にするでしょ?

しかも先端にかけて妙に透明感が強いもんだからグラデーションタイプを選ぶんだけど、歯頚部~中央部の遮蔽率が下がる。

透明感をグレー・ブルーのステインで表現すると嘘っぽくなるし・・・。

そうするともう方法はひとつしかないんですよね?

セメント・オペークレイヤー・オペークデンチンに頑張ってもらうわけですが、組み合わせが難しいです。

6月号のQDTで松山真也先生がマスキング方法の検証をした論文を発表されましたが、とても参考になります。

最後のセメンティングであそこまで違いが出ると恐ろしいですよねぇ。

何色のトライインペーストで作業を進めたのか歯科医師にしっかりと伝達する事も徹底したいと思います。

日曜日のスーパーマン・スパイダーマン

お久しぶりです。

放置癖がついてきましたね。まずいなぁ。

いろいろネタはあるので順番に・・・。

6月の中旬だったかな?日曜日。

いつものように仕事場へ(笑)・・・。

あれ?エアーが出ない。 ん? なんか焦げ臭い(汗)

機械室へダッシュ。煙が充満して真っ白!! 

バキュームも電源異常のランプが点灯。200Vの電源が原因か?

ラボの電気工事をしてくれた大間の電気屋さんに状況を話すと、すぐに来てくれました。日曜日なのにごめんなさい。

ブレーカーの所の電圧を調べると100Vしか来てない。

「こりぁ~電線の方だわ。」と、すぐに電力会社さんに連絡・・・。

5分後、電力会社の兄さん登場。日曜日なのにごめんなさい。

昨夜の強風が原因みたい。コンプレッサーのモーターが死亡・・・。

悪いと思いつつも青森市のお世話になっている材料屋さんに電話。

日曜日なのにごめんなさい。

「月曜日に大間に来るのは無理?貸出用コンプレッサーがあったら借りたいんですけど・・・。」

「あるよ!今から走るよ!!」

え?ホントに??。―――3時間後、材料屋さん登場。

日曜日なのに・・・。

貸出用コンプレッサーを設置・配管。

「モーターを修理すれば、まだまだ使えるから、手配しておきます。」

ありがとうございます。日曜日なのに・・・。

 

翌日、電力会社の兄さんが来て・・・

「この度は大変ご迷惑をお掛け致しました。コンプレッサーの修理費用を弁償させて下さい。書類にサインを・・・。」

マジかっ!!

ありがとうございます。感謝です。

手続きもスムーズ・スピーディー。

モーター修理も完璧!!

あっという間に・・・

身近な所にヒーローがたくさん居ます。

 

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ