新・攻略法

㈱松風さんのプレスセラミック用陶材 ヴィンテージLDの新色が良かったですよ

技工士さんから問い合わせが何件かありましたので・・・

オペークデンチンのOD-LAOD-Wが気に入りました。配合率を変えてカスタムシェードガイドを作ろうと考えています。

A1より明度が高い場合や、ホワイトニング経験者のミルキーなエナメル色の再現が難しかったので、どうしてもジルコニアセラミックに逃げる事が多かったのですが、これは使えるパウダーです。

今までは、明るく不透明なインゴットでプレスしてスタートしていましたが、プレスフレームの絶対的な厚みが必要だったり、プレス温度の微調整が難しかったり、何より一番ダメなのが焼成回数により明度が落ちる事でした。フレーム自体の明度に頼っているのにねぇ・・・。

今後は大きく作り方を変えて、フレームは薄く・オペークデンチンのスペースを作り対応していきたいです。ジルコニアフレーム風プレスフレームみたいな感じで・・・。

マテリアル的にはインレーやラミネートベニアは最高なんだけど・・・。シングルクラウンの場合はね・・プレスフレームの透明感を活かせる様な健康的で明るい色調の支台歯の症例ってなかなか無いんだよね。実際は・・・。何らかの問題があるから治療してクラウンを補綴するわけだから。

支台歯色の写真が無かったので、保険のつもりで少し明るめに仕上げて、修正できるように納品しました。

明度を下げる・彩度を上げるのは簡単ですからね。

患者さんが喜ぶレベルのズレなのか、先生の神対応なのか、一発セットになりました。良いのかな?終わり良ければ何とかです・・・。

肉眼だともう少し白く見えるはず・・・マッチしている様にみえるアングルで撮影してくれたんだと思います。ありがとうございました。

 

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ