で、お前は?

先月保護した子猫ですが・・・

野良猫の子供なのか、飼い主さんは見つからず・・・

うちのラボにいます(笑)。寝床からハミ出るのが落ち着くらしい・・・。

 

その頃、作業中だった症例です。

たっぷり時間はありましたので・・・

これくらいで試適に臨むつもりが・・・時間に余裕があると、もう少し手を掛けたくなる・・・悪いクセ・・・。

 

「試適の時は少し白めで行けって。狙うとロクな事無いぞ。」

 

ゴメンなさい。明らかにやり過ぎです。オーバーマスキングでメタルセラミックのような色調になってしまいました。最近はフルバックのフレーム形態も過剰防衛な気がしています。

中切歯のサイズがね・・・遠心歯頚部を絞れたら幅広感・スクエア感が弱まるんだけど・・・。

側切歯をワンサイズ小さく、オペークレイヤーの塗布エリアは控え目に、サービカルトランスルーセント増量で修正予定です。

海外の技工士さんがグレーカードを手に持って撮影して、画像合成試適に挑んでいたので、そんな適当で大丈夫か?と思い、私も挑戦してみました。が・・・

止めた方が良いですね。カメラと一体になっていないと危ないです。

クラウンの明度を合わせるとグレーカードの明度がずれる。という事はグレーカードの明度を合わせたら、クラウンの明度がずれます。

グレーカードが前後的に数ミリずれてもダメ。口腔内写真と疑似支台歯模型の位置が完璧に一致していないとダメ。レンズに対する位置・歯面の角度等ね・・・ストロボの電池の残量や光量の均一化まで配慮しないと・・・。

セラミックワークも重要ですが、カメラワークも非常に高いスキルが必要です。

湯浅先生が中切歯の単冠症例でも少し引いて撮影しているのは正にその為なんでしょうね。小臼歯・大臼歯の咬頭が写っていれば角度の参考になりますから、グリッド表示なんかを活用しながら口腔内写真の位置に寄せていく感じなのかな?擬似支台歯模型は何回撮り直しても怒らないからね(笑)

10年以上前からこの術式のベースになる取り組みを試行錯誤していたと言うんですから・・・。

 

そんな目で見るなよ。頑張るから・・・。

なんか見えてきた。

画像合成試適に使うグレーカードを探して色々ネットで探して・・・

海外のメーカーさんが良いモノを発売しているのですが、日本ではまだ取り扱いしていないみたい・・・。

もう買えるのかな?今すぐ使えそうな代替品を・・・。

これが安かったので買ってみました。でも条件がありまして・・・。

濡れて色が変わるとダメなので防水である事、フラッシュ光の反射が出にくいマットな物、ニュートラルグレーな物。

口腔内と模型上でリセットをかけるだけなので、完璧なニュートラルグレーである必要はないと思いますが、ほんの僅かなズレで、とんでもない色被りをするのがデジタル写真。

肉眼での印象と、かけ離れてしまうと作業しにくくなりますし、画像に踊らされて悪い方向に行く可能性があります。色被りをリセットして露出をそろえるという単純な作業。

現在は銀一シルクグレーカードのライトグレー面を絶対的な基準として仕事をしていますので、計測してみました。

RAWデータでスポイトツールという簡単な方法ですが・・・。

ダメだ、青すぎる・・・

 

 

そういえば・・・これがあったなぁと思い出したので・・・計測。

ちょっとだけ赤寄りだけど、条件をすべて満たしていますし・・・。コントラスターと同じ形してるしね。

シェードテイクに行って自分のカメラで撮影して、同じ画角・距離で撮影して、口腔内再現用の擬似支台歯模型を製作して・・・製作ステップの合間に確認撮影して、PCで合成比較して精査・・・膨大な仕事量の増加(笑)

試適なしの一発で、驚きの完成度を達成できる様に頑張ります。

術式をマスターできたら、劇的に作業しやすくなるハズ。

そこまで突き詰める情熱を持つ事が一番大事な事だよね。

2.5キロ x 4パック

「夏休みにカービングでも・・・」と言ってたから

準備したんだけど・・・うちのラボでは普通石膏は使ってないので、わざわざ買いましたよ。

咬合器装着(マウント)は専用に開発された硬石膏を使っています。

硬化膨張率は驚きの0.02%ですよ。

 

「今日カービングやるか!。いや、その前に車を洗ってくれ。」

後半は、ただの水浴びになってましたね。私は洗車が嫌い(面倒)なので助かりました。

ピカピカ。ご苦労さん。「カービングは後日。」・・・。

 

あっという間に夏休み終了・・・。

 

それにしても普通石膏。買い過ぎたなぁ(笑) どうする?

 

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ