復活

ファームウェアのアップデートで復活しました。EOS 60D

滑沢度の確認の為にソフトボックスを装着してます。APS-Cは扱いやすい・・・。

 

前歯CAD/CAM冠

いや~楽だね。驚くほど製作時間の短縮になります。前歯は特にそう思えます。犬歯の様な明度高めの部位は結構マッチするかもね。

多数歯補綴で支台歯色がバラけた時は2重構造にしたらいいかもね。メタルコアはひと回り小さくプレパレーションしてもらって、マスキング内冠にステインして合わせたらいいよ。

MO/LT/MT/HTなんてやられたらプレスセラミックの二の舞いだから・・・逆に難しくなる。どうなるんでしょうか?

 

とても良い内容でした。二重構造。素晴らしい。発想が合理的。ベニアは難しい。クラウンとのコンビ症例は特にね・・・。ハゲるよ(笑)。

支台歯色の対応をどうするかがポイントだね。自費も保険も。

これはプレスセラミックです

診断用ワックスアップのこの症例もコンビになりそう・・・。

前歯CAD/CAM冠はセラミックで苦労した技工士さんじゃないと、上手に対応できないかもね。最初のうちは・・・。

今月はあと4人シェードテイクの予約が入っているので楽しみですが、ブログの更新ができるかな?

一歩進んで・・・

「川岸さん。前歯のCAD/CAM冠用のシェードガイドって作れます?」

「はい。作れますよ~。」さっそくセンターに電話。

シェードタブの歯冠部分をスキャンして、削り出しをお願いしました。

10/1日発売のセラスマートレイヤー(GC社)です

グラディアのシェードタブをバリバリ削って接着剤でピタッと。A4シェードのブロックは発売してないので、余ってしまいました。

グラディアシェードガイドの歯冠形態が好きなので、スキャン用にセンターに送ったんだけど・・・何故か大嫌いなVITAの歯冠形態が届きました(笑)。

いや、別にいいのよ。好みの問題だから。予想に反してカッコ良く出来ましたが、近いうちにメーカーさんから、ちゃんとした物が発売されるでしょう。たぶん。

A3.5シェードのグラデーションがうわぁ~って感じですが、第1弾ですからね・・・。エナメル色の透明感・レッドシフト・透光性のバリエーションなど続々と発売されるでしょう。選択に悩むくらいにね・・・。

メタルワークの時間・レジン築盛の時間。全部無くなりました。夢のようです。

でもね・・・支台歯色の罠が待ってるよ。この変革で前進するのも後退するのも自分次第だね・・・。

 

相談✉増加中

お久しぶりです。2ヶ月以上もブログの更新をサボってしまいました。

いよいよ前歯部のCAD/CAM冠がスタートしましたね。

メタルコアが最大のネックですね。小臼歯・大臼歯の部位でしたら患者さんも何とかOKして下さいますが・・・。

模型上では、さまざまな角度から光を取り込む事ができますので、まぁまぁ良いレベルに見えますが、口腔内にセットすると劇的に色の差が出ます。

口腔内は光量が圧倒的に不足するので、どうにもなりません。

 

メタルコアの除去が色々な理由で出来ない場合は、このようなサンプル模型を使用して実際にCAD/CAM冠をセットして見せてカウンセリングするのも良いと思います。納得できる丁寧な説明は歯科医院のイメージアップになりますから・・・。

患者さんはネットで様々な情報収集をして勉強してますからね。自費技工物の良さを説明して、理解して下さる環境・土壌は整っています。

ステップごとの確実な作業無くして良い結果は得られません。

臨床での金属使用量を減らしたい国の政策と現場で治療にあたる医療スタッフの苦悩。歯科技工士は高度なスキルと対応力を更に求められます。

ネタは沢山あるんだけど・・・時間と気力が・・・。

 

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ