技工士冥利に尽きる

寒い。もう少しでお正月休みです。頑張りましょうね。

臼歯ブリッジのセット立ち会いです。プロビジョナルでしっかり観察したのに、咬頭が・・・生体・咬合は奥が深い(泣)。先日セットされた前歯部の撮影をお願いしていましたので・・・

セット後の歯肉の回復具合&ブラックトライアングルの封鎖確認です。良い感じになってきました。患者さんも喜んでいる様子。やっぱりセット後2週間くらいが写真撮影のタイミングかなぁ?

旧補綴物の撤去前の段階、治療計画から参加させて頂き、患者さんにお会いするのも今回で5回目、6回目?何回もラボを留守にできるのもスタッフさんのお蔭。感謝しなきゃね。

色・形・要望が今回ほどハッキリしている症例も珍しかったですが、歯科技工士だからこそ可能な説明・カウンセリング等とても勉強になりました。要望を実現させる為のベストなマテリアル選択・形成量の決定・補綴順序の決定・日程調整。

その都度、患者さん・歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士でしっかりと話し合いをして確実に進めた事が良かったのだと思います。広範囲な補綴治療の場合は特に大事ですね。

過去に満足のいく治療を受けられなかった経験のある患者さんは、不信感を抱いたままクリニックに訪れます。転院してくる患者さんは特にそうです。何度かお会いして、しっかりお話しを聞いて、誠実に対応して・・・徐々に不信感が払拭され、心を開いて下さる変化を実感できました。『もの作りの職人』で終わっていたらダメだなぁと思いましたね。私のようなタイプは院内ラボ勤務の方が良いんだろうなぁ・・・。

セット後、笑顔で談笑される患者さん・・・私はこの仕事が大好きです。

感謝状

長いことお世話になったディーラーさん(新堀さん)が勇退される事になりました。

以前のブログ『日曜日のスーパーマン・スパイダーマン』の記事で紹介したその人です。機材トラブルに見舞われて途方に暮れている時に何度も何度も助けて頂きました。

私は『歯友会』と言うスタディーグループに所属し、現在会長を務めさせて頂いております。会員のメンバーのほとんどが新堀さんに助けられてきました。ので歯友会として何か出来ないものか・・・と言う事で・・・

感謝状を贈らせて頂きました。誠に有難うございました。

会社移転の度にサポートして頂き、配管・配線・機材メンテナンスの極意を伝授して頂きました。屋根裏・床下での共同作業・・・楽しかったです(笑)。

暖かくなって、イロイロ落ち着いたら歯友会の飲み会に参加して下さい。

お疲れ様でした!!

ビシャー

こんにちは。

以前マージンポーセレンの記事を書いた時にね・・・若い技工士さんから質問を頂きましてね。

院内ラボの技工士さんで、ジルコニアやe.maxの経験はあるけど、マージンポーセレンのメタルセラミックは初めてみたいで・・・

メタルセラミック自体あまり経験が無いらしい・・・そういう世代なんだね。

院内ラボにあるパウダーが松風さんのヴィンテージMP。前に勤めてた先輩が使ってたんだね。

「マージンポーセレンを焼成すると、黒っぽく焼き上がるのですが・・・」

はいはい。あるね(笑)。アドオン陶材でも良くあるやつ・・・。

ちゃんと専用液を使っているのにね・・・。築盛しやすい様に筆に含ませる水分量が多くなる場面ってあるよね?

パウダーを練る時に専用液で練ったとしても、筆から移動した水分(水道水)が最終的に専用液に勝ってしまったら・・・パウダーを水道水で練った事と同じになってしまいます。

水道水は地域によってかなり成分が違うので怖いです。

焼成前の乾燥を少し長めにすれば良い時もあります。

私は精製水を使う様になってから一度も変色のトラブルはありません。ただ、支台歯から抜き取る時に崩れやすい、フレーム内面にパウダーが入りやすいという難点はありますが・・・

すぐに慣れます。

サービカルトランスルーセント陶材をブレンドしてあげると、ザラッザラ感が緩和されますよ。

上の写真のような、支台歯が離れた症例で全てのマージンが「ビシャー」と適合させられた時の快感・・・

コレが解るようになったら、立派な変態です(笑)

ゆっくりと確実に・・・

お疲れ様です。

今回の症例はコチラ。他院での治療のやり替え症例。治療前の状態です。

モノリシックのフルジルコニアクラウンがセットされておりますが・・・

「あれ?キレイなクラウン入ってますねぇ。治すのはドコでしたっけ?」

「前歯をやり替えて欲しいんです。いかにも作りましたって感じでしょ?透明感が無いのよ・・・。」

「勿体無いですねぇ。いいんですか?」

「はい。ちょっとコレは耐えられないんで・・・。」

「ジルコニアは絶対にイヤなので、e.max?っていうのでお願いします。先端の形も自然な感じにして、ブラックトライアングルも無くして欲しいです。」

専門用語がバンバン飛び出すくらい(笑)イロイロ調べて勉強したようです。

「では、プロビジョナルで形を煮詰めていきましょうね。」

で、次のアポイント時にプロビの調整をクリニックの技工室をお借りして・・・

2時間くらいかけて(笑)。

持って行ったサンプルシェードの一番透明感の強い色をご所望。

で、セットです。

「まぁステキ!凄い!いいわねぇ!!!」

ふぅ~良かったぁ~(笑)。

右側大臼歯のブリッジ(向かって左側ね)は強度の問題でジルコニアなんだけど、犬歯の支台歯を含むブリッジなので、犬歯と側切歯がマテリアルの違いで何か変。で、バレないように左側犬歯(向かって右側ね)をジルコニアテイストにするのが一番苦労しました。結果的に歯頚部の明度が上がり過ぎた(泣)。

消しゴムジルコニアに外部ステインした物って・・・「汚い」よ。控え目に言っても。写真だとその汚さが描写されないんだよね・・・。

最低でも高透光性ディスク&浸透ステインかなぁ。かなり審美的要求度の高い患者さんでしたので、最後は写真写りで納得してもらおう(笑)なんてズルい発想

卑怯セッティングで行きましたが・・・撮影するまでも無く、鏡で確認した瞬間にOKして貰えました。

マテリアル選択は間違っていないか。本当に患者さんは満足してるのか?本音で語ってくれてるのか?実際に目を見て話して確認しないと判らないです。フルジルコニアのやり替え症例に遭遇する度に、早くて・簡単・便利なマテリアルだけど危険だなぁと思うよ。気をつけないと、患者さんの評判・信頼を失ってるかもよ・・・ゆっくりと確実に・・・。

 

コレでいいのだ

「患者さん説明用のサンプル模型を製作して欲しいのですが・・・。」

「e.maxのレイヤリングとモノリシックの比較が出来れば良いです。」

で、製作に入る訳ですが、ベースとなるカッコイイ模型がね・・・なかなか無いんですよね(笑)。メーカーさんの実技講習会のヤツみたいな感じのが・・・。

イロイロ探して、過去の参考模型なんかを自分でプレパレーションして・・・。

本当は中切歯2本とかの模型が良いんだけど・・・なかなか無いもんだね。歯の形とかもカッコイイ方が良いでしょ?

この症例の模型が残っていたので・・・。

中切歯・側切歯はレイヤリング / 犬歯をステイニングで製作しました。

肉眼で見た時のステインタイプの嘘っぽさには笑えてきますが、比較できるのでコレはコレで良いのかも・・・擬似支台歯模型もペアで納品。喜んで頂けました。

写真だと嘘っぽさが半減しますね。いいのか?(笑)

控え目に・・・

メタルコアだったので・・・

浸透ステインで内面のマスキング・・・今回はどっぷりじゃないよ(笑)。

ブリーチ色のトライインペーストで試適して、フレームの色調変化を確認できる写真を撮って頂きました。

ちょっとオーバーマスキング気味だけど、これくらいからスタート出来た方が安心。・・・明るめで綺麗にってオーダーですので。

この症例みたいに支台歯の距離が遠い場合は、多少明度がバラけても、そんなに気にならない事が多いです。

しかし、アレだね。ジルコニアフレームは緑色に寄る傾向があるね・・・。『桜』とかイイ感じなんだろうね。

ラボサイドからお願いするまでも無く、フレーム試適のアポイントを取って下さいました。本当に有り難い事です。

技工士の苦労を理解して下さってる証拠だもんね・・・。

 

もどかしい

『あの本』に載っていた、合流地点での様々な問題点を回避するスプルーイング。

なかなかね、すぐさま効果が目に見える物では無いし、マテリアル内部の潜在的なリスク回避だったりするからね。

「ホントかよ?」って気持ちになるのも理解できるし、膨大な検証データで明らかになっている術式ではないけど・・・。

6症例くらい試してるかな・・・スプルー直下のね結晶の排列が原因の局所的な明度低下が結構ヘビーに現れる。今回の症例はレイヤリングなのでカバーするのは容易ですが、前歯には止めた方が良いかもね・・・。

良い点は目に見えない、悪い点は目に見える。もどかしいねぇ。

 

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 080-3147-2769

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ