お悩み相談

診断用ワックスアップとは・・・

現在のお口の状態の模型にワックスアップをして、「治療後は大体この位まで改善できます」というシミュレーションですね。

この模型を患者さんに見て貰い、実際にどこの歯を何本治療するか等のカウンセリングに使用します。

このワックスアップ模型をシリコンで型を採っておき、技工士さんが簡易的な支台歯形成をして、レジンに置き換えると・・・

こんな感じになります。で、余分なバリを取り除き、不足部分を追加して、簡単な形態修正をして、研磨したのが・・・

コレです。テンポラリークラウン。通称「テック」です。

この後、歯科医師が何回かに分けて支台歯形成をしている期間もこの「テック」を使います。で、治療部位の全ての支台歯形成が終わったら、もう一度、型を採ります。この作業を「印象」と言います。

で、その型に石膏を流して出来上がったのが「本模型」です。その本模型に作るのが「プロビジョナル」です。

確かに「テック」「プロビジョナル」は似ています。と言うか素材は同一である事が多いです。

「テック」は簡易的でラフな模型を歯科技工士が推測・予測で削った模型でスタートしますので、精度が低いですし技工士さんも「何となく」で作っています。私はそうです(笑)

「プロビジョナル」は最終的に使用されるマテリアルの物性を考慮しデザインを考え、そのスペースで綺麗な色が表現出来るのか?・この噛み合わせで破折する危険性がある場所は無いか?など最終的なフォルムを念頭に製作します。ガチなやつです(笑)

ので・・・決して金儲けの為でも・材料を間違えた訳でもありません。

この「プロビジョナル」・・・実は省略される事が多いのです。来院回数が多くなり・治療期間が長くなり・費用がかかります。何も良い事が無い様に思えますが・・・

それらを補って余りあるメリットがあるのです。最終的にセットされる差し歯のクオリティーのレベルが格段に上がります!耐久性・噛み合わせ・色調・などなど。

歯科医院の説明によっては患者さんの不信感を招く恐れがあるステップですので、なかなか提案出来ない歯科医院の方が多いです。

それでも!!プロビジョナルのステップを踏んで進めましょうと提案する歯科医院は本気です。真剣に患者さんに向き合っている証拠です。

あなたの歯科医院選びは大成功です!どうか安心して治療を続けて下さい。

 

 

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 080-3147-2769

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ