誰から貰うの?

専門誌「QDT」の連載で大好きなコラムがあります。

「開業奮闘記 さすらいのラボ経営と燃え盛る技工士魂

株式会社 LAZARUS の村田彰弘さんによる、ご自身の経験談を基にしたユーモア満載の文面。若い技工士さんには是非とも読んで頂きたいコーナーです。

2022年2月号の 第14回 続・補綴装置の「クオリティー」~相手が構えているところに正確に球を投げる技術の大切さ~

この回に「審美の答えは相手がもっている」という部分があります。『患者さんの好み』『望むモノ』ってやつですね。

目標歯(反対側同名歯)に合わせる事が正解ではない時があります。患者さんが希望する形・色が、歯科業界人の考える範囲の外側にある時です。

過去にホワイトニングをした事がある患者さん・歯頚部から切縁にかけて豊かなグラデーションがある患者さん・抜けるような透明感/白濁・白斑/クラックライン・ヘアライン等のキャラクターが顕著な患者さんの時は注意が必要です。

シェードテイクで正確なシェード写真を撮る事も重要ですが、患者さんの「本意」を上手く聞き出す事も重要です。試適やセット時に実際に比べてみて、初めて気付いたり、明かしてくれたり。タイミングも様々です。本音を伝えてくれた時は、快く対応してあげると良いでしょう。

SNSでの「映え・ウケ」は無くなりますが、イイね♥は同業者よりも、患者さんから貰うのが大事でしょ?

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 080-3147-2769

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ