難症例・・・の続き

今日あの症例が無事に納品されました。今回も苦労しましたが、難しい症例ほど得るモノが大きいので、楽しいです。

 

先生:「川岸さん。こういう症例出ました(笑)」

この時点でもう不安。変色支台歯の色調差・・・。

私:「フレーム試適の時にお伺いします。肉眼での確認が必要な症例です。」

変色支台歯の影響を受けないような強力なマスキング処理が必要。滑走運動の向き・角度から推察すると、切縁のチッピングリスクは高い。ので、フルバッキングタイプのフレームにしたい。・・・が、歯頚部~切縁まで絶妙な透明感がある。歯牙内部の奥深い部分からじわ~っと発色している。肉眼でしか分からない。来て良かった。

間違いなく、最高レベルの難易度だ。口腔内再現模型(擬似支台歯模型)の製作は必須です。

やるべき事を確実に・・・当たり前の事をしっかりと・・・これが大変なんです。省略・手抜きはね、結局ゴールから遠ざかるんです。急がば回れです。

色調確認の試適も快諾して貰えましたので、このぐらいで試適をして外部ステインで修正したら良いかな・・・。

その後、アポイント変更のお知らせ・・・結構時間が空いたなぁ。ここで・・・

明度低下恐怖症を発症・・・大改造(笑)。余計な事を・・・

 

試適です。

試適の時に色の外し方が大きいと患者さんの要求が増えるマズいパターン。

患者さんは不安になりますからね。

オペークレイヤーの効き目は強烈ですね。要注意です。

でもね、転んでもただは起きぬ!!

グレーカード法を試してみます。手持ちのいい加減なレベルですけどね。シェードガイドは使いません。

ラボで確認する時も同じグレーカードを写し込んで、露出を揃える。ただそれだけなんですが、歯牙とレンズの位置・歯軸・角度・グレーカードまでの距離・角度・カメラのセッティング。

とてつもなくシビアな作業。

出来上がった画像と口腔内画像を合成して、グレーカードの明度を合わせます。

お口にセットされたら、こんな感じになるはず。いろんな部分の色がズレていますが、そもそも完璧な手法では無いので(手持ちだから)・・・。この辺で勘弁してもらいたいです。急に作戦変更して初挑戦した技法ですが、説得力がありますよね。画像に。セットしてみないと分からないけど・・・。

そしてセットです。

セメント合着前・トライインペーストなし

セメントの色調は影響大です。

カポッとはめてあるだけですので歯頚部付近が明度低下していますが、セメンティング終了後は上の合成写真とほぼ同じ様な発色をすると思われます。言い訳(笑)。

「川岸さん。凄くイイですよ!!」と先生が興奮気味なリアクションをしたので、トライインペーストを入れ忘れてしまいました(笑)。側切歯に明度差が出てしまったのが反省点です。中切歯より暗いとカッコイイんですけどね。

患者さんはとても喜んで下さいましたので、安心しました。

ちょっとビックリです。とてもルーズなアプローチながら、まずまずの結果が得られました。自分のカメラで撮影できる環境にある技工士さんは、一発セットの確率が上がる技法だと実感しました。

ただ、「確認の正確性が上がった」だけなので、狙った色に築盛するスキルは絶対必要ですし、ストロボの光源のみで正面からだけの評価ですので、ステインを塗りまくって似せたとしても残念な結果になるのは明らかです。

私達はミックス光のもとで、色んな角度で対面してコミュニケーションをします。ステインの使用は最小限に・・・。基本は変わりませんね。

なんか見えてきた。

画像合成試適に使うグレーカードを探して色々ネットで探して・・・

海外のメーカーさんが良いモノを発売しているのですが、日本ではまだ取り扱いしていないみたい・・・。

もう買えるのかな?今すぐ使えそうな代替品を・・・。

これが安かったので買ってみました。でも条件がありまして・・・。

濡れて色が変わるとダメなので防水である事、フラッシュ光の反射が出にくいマットな物、ニュートラルグレーな物。

口腔内と模型上でリセットをかけるだけなので、完璧なニュートラルグレーである必要はないと思いますが、ほんの僅かなズレで、とんでもない色被りをするのがデジタル写真。

肉眼での印象と、かけ離れてしまうと作業しにくくなりますし、画像に踊らされて悪い方向に行く可能性があります。色被りをリセットして露出をそろえるという単純な作業。

現在は銀一シルクグレーカードのライトグレー面を絶対的な基準として仕事をしていますので、計測してみました。

RAWデータでスポイトツールという簡単な方法ですが・・・。

ダメだ、青すぎる・・・

 

 

そういえば・・・これがあったなぁと思い出したので・・・計測。

ちょっとだけ赤寄りだけど、条件をすべて満たしていますし・・・。コントラスターと同じ形してるしね。

シェードテイクに行って自分のカメラで撮影して、同じ画角・距離で撮影して、口腔内再現用の擬似支台歯模型を製作して・・・製作ステップの合間に確認撮影して、PCで合成比較して精査・・・膨大な仕事量の増加(笑)

試適なしの一発で、驚きの完成度を達成できる様に頑張ります。

術式をマスターできたら、劇的に作業しやすくなるハズ。

そこまで突き詰める情熱を持つ事が一番大事な事だよね。

上昇気流

先週の土曜日。五戸町にある松尾歯科さんへ行ってきました。

デジタルカメラを使用したシェードマッチング法にかなり早い時期から興味を持って頂き、とてもお世話になっている歯科医院さんです。

今度、口腔内写真の勉強会を企画するので講師をお願いします。」前回ラボ見学にお越し頂いた際に提案がありまして

「いいですねぇ。やりましょう!!」という事で、開催の運びとなりました。

しっかりとした規格性を持った、理想的なシェードテイク画像はシェードマッチングに欠かせない物です。正確な情報伝達の手段として非常に重要です。

 

勉強会終了後、夕食会にもお招きいただき交流を深める事が出来ました。

仕事に対する向上心・情熱・誇り・信頼関係・・・。見ているだけで、こちらも幸せな気分になってしまう・・・。素晴らしい皆さんでした。

 

 

 

勉強会・情報交換会

こんにちは。疲れが取れない川岸です。

頭皮湿疹も全然治る気配がないので、そろそろ皮膚科に行こうかなぁ・・・。睡眠不足・ストレスが原因?

先日、お世話になっている歯科医院の先生とトリートメント・コーディネーターさんがラボに来て下さいました。

勉強会・意見交換会です。

とっても充実した濃い企画でした。

私のスーパーぶっちゃけ本音トークを聞いて、かなりビックリしていました(笑)

患者さんの要望・気持ち・悩みにダイレクトに接するトリートメント・コーディネーターさんのお話しはとても勉強になりました。

我々、歯科技工士は患者さんがどういうモノを望んでいるのかという事をしっかり感じ取って仕事をしなければなりません。

治療計画・技工物の選択・経過観察など様々な情報を共有してチームとして動かないとね・・・。

陸上競技のリレーに例えると歯科技工士はアンカーですから・・・。

勿論、その後の歯科衛生士さん・患者さんによるアフターケアも大事です。

nikonのツインフラッシュがカッコイイんです。メカメカしてます。

悩んでいる事をお聞きしながら実際に撮影して・・・。

カラーマネジメントされたモニターでどう発色するのかを確認したり・・・。

RAWデータとカメラ内JPEG現像とのギャップの事など・・・。

マニアックな質問攻めでした(笑)。

Nikonの純正ディフューザーはかなり効き目が強めになるんですね。60~80mmのレンズを愛用するユーザーが多い理由がわかります。

ホームページ用の症例写真なんかは、患者さんへのアピール優先ですので、明るく・キレイに撮れた方が有利ですよね。ライティング・撮影モードなど少し工夫すればかなり良い感じで撮れます。次回の勉強会でみっちり詰めましょう。

RAWデータをPHOTOSHOPで現像し、ホワイトバランスのリセット・露出をプラスで・・・技工作業には何の支障も無い画像になりますので、心配無用です。

シェードタブの表面性状のバラつきまでも描写してます。恐ろしい(笑)。

 

今は純正

技工士さんから質問を頂きました。

「サイドフラッシュを横向きに付けたい」そうです。

横向きの利点は縦の時よりもフラッシュ光の反射エリアが少なくなる事です。

犬歯・第一小臼歯の辺りも明るく撮影出来ますし、大臼歯部分にもフラッシュ光が届きやすいです。リングフラッシュには負けますけどね・・・。

フラッシュ用のブラケットはどこのメーカーさんでも良いと思いますが大事なポイントが一つあります。

レンズとフラッシュの位置を同じ高さにする事です。

目標歯とシェードタブに等しい光量が当たる様にする為です。

高さの調節に便利なのは小型のボールヘッド(自由雲台)です。

ネット通販のサイトにイロイロありますので探してみて下さい。楽しいですよ。

ただね・・・。

メチャクチャ重くなりますよ(笑)。

持って歩くのが嫌になるかも・・・私は現在、純正の装備です(笑)。

便利なヤツ(良い意味で)

ソフトボックスやバウンサーなどフラッシュ光を和らげる機材を使用した画像は「白とび」の面積が大きくなる傾向がありますので、シェード写真にはあまり適していません。

フラッシュ光の反射の発現部位で、目標歯とシェードタブが適正位置にあるかどうかを確認したいので、広範囲に光ると判定しにくくなってしまいます。

患者さん説明用の画像やホームページ用の画像としてはアリですけど・・・。何とも言えない美しい仕上がりに撮れますからねぇ。

多少、色がずれていても表面のディテールさえ似せてしまえばイイ感じに撮れてしまう便利なヤツです。

シェードテイクあるある

「A系のガイドだと、しっくり来なくて・・・C系を選んで撮ってみたんだけど。」

「C2が近い?・・・かなぁ。(笑)」

先生の自信無さそうな電話。どのシェードタブも合わないんですね。良くあります。合う事は無いですよねぇ。逆に・・・。

写真を撮る前に、患者さんの歯の色に一番近いシェードタブ(色見本)を選ぶのですが、この作業が意外と難しいです。この患者さんの場合ですと、Aのグループのシェードタブだと、妙にオレンジ色が強く見えたので‟しっくり来ない”と感じたのでしょう。

Cの1.5くらいに見えますね。では見やすい様に画像処理してみましょう。

C1と比較すると天然歯の歯頚部(歯の根元の所)には温かみのあるオレンジ色が見られますが、シェードタブは歯頚部の明度・彩度が低く、貧乏臭く(笑)見えます。e.maxで大失敗すると、この色になります。

C2は更に違いが判りやすいですね。e.maxで大失敗すると、この色になります。

少し違う処理をして、天然歯の色をシェードタブに貼り付けてみました。

やはりオレンジ色・赤みがあるので基本シェードはA系の方が良さそうです。A系のシェードタブと比べて、透明な層のエリアが広くて厚めなので、全体的な明度が低めに見えてしまう感じですね。透明感が少し強めなA系の色という所でしょうか。シェードガイドを明度ガイドとして使うとC系・D系のシェードタブに手が伸びてしまう事が良くあります。

ユニット(治療の時に座るイス)の近くに窓がない・天気が悪く太陽光が少ない時なども、C系・D系のシェードタブがドンピシャに見えてしまう時があるのですが、後で画像分析をしてみるとA系である事がほとんどです。A系・C系・D系の3パターンを撮影してしまうのもアリですよ。歯牙の乾燥に注意して下さい。

迷ったらA系を使って下さい。まず大丈夫です。後は明度が高いか低いか、透明感が有るか無いかぐらいですから・・・。

迷ったらA系を使って下さい。その歯は透明感の強い、明度が低めのA系の色です

判っているようで、解っていない

「こういう本が出るみたいだけど、知ってる?」勉強マニアな先生から情報を頂き、即予約していた本が届きました。

初代の方が発売されたのは11年前だそうです。

一眼レフカメラを購入するきっかけになった一冊です。本州最北端の町の小さなラボですが、ジルコニアをはじめとする多くのセラミック製品を受注出来ているのは、カメラを武器にして頑張ってきたからだと思います。

11年も経っていると、技工操作も激変しています。カメラと画像編集ソフトを使いこなす事が出来ないと勝負にならないレベルになってしまいました。特にジルコニアセラミックやプレスセラミックの場合は周囲の色を取り込んで成り立つ製品の為、歯肉付き擬似支台歯模型の製作から始めなければなりません。製作にかかる時間・コストは掛かりますし、作業の難易度はとても高いです。

しかし、正確なシェード画像がなければ、多くの煩雑な作業も全てムダになってしまいます。シェード写真撮影がどれだけ重要な作業であるのか、とても詳しく書いてありますので歯科医師・スタッフの皆さんにも是非読んで頂きたいです。

我々、歯科技工士も写真の重要性をアピールする活動を強化していかなければならないと思います。

 

トレセン行きたいけど、なかなか・・・覚悟・決心・お金・時間・・・そんな私のような技工士さん。せめて知識・学術的な所から始めますか(笑)

形態や質感がマッチしていないと色も違ってみえますからねぇ。

形態の事って、判っているようで、解っていないんですよね。

 

奥歯

「臼歯のシェード写真って、どう撮れば良いですか?」

臼歯とは奥歯の事です。前歯ほどシビアなマッチングは要求されないので、技工士としても少し気が楽ですが、患者さんがどの程度のものを想像しているか・希望する色はどの位なのかを察知するセンスが必要です。

「奥歯はこの色が一般的ですよ~。」と、適当な事を言って押し付けるのはNGです。シェードタブを選んだら鏡を見て確認して貰い、同意をして頂く事が大事だと思います‟私も一緒に選んだ”という感覚を持てますから・・・。

前歯と同じように3本のシェードタブを使うのは困難なので、私は別なシェードタブを使っています。

松風さんのヴィンテージ カラーインジケーターです。単色でテーパーが付いているので、厚みの変化に伴う色の濃淡も確認できます。支台歯色のシェードテイク時などコレがあると便利です。

反対側の写真があると、さらに助かります。

上顎(上の歯)の場合は、会話中に対面する人に見える事は少ないですが

咬合面・頬側面の色が判るように何枚か撮って頂けると有り難いです。

Nikon D90  1/125秒 f/22  リングフラッシュ

カメラ好きなマニアックな先生はミラーを使って反対側と比較できるような凄い画像を送ってくれたりします。その分プレッシャーを感じますけど(笑)。

反対側同名歯のプレスインレーです。

もう1ランク透明なインゴットでも良かったかな(汗)。インレーの場合は、歯頚部~咬頭頂のグラデーションが強い症例が難しいです。セレックをお持ちの先生方は判ると思います。適合に関してはプレスインレーの圧勝ですので、セレックインレーに飽きてきた先生方はお試し下さい。感動ものですよ。もちろん技工士さんの腕にもよりますよ(笑)。

咬合面へのステイニングは歯科関係者にはうけますが、患者さん的にはあまり嬉しくない事のようです。特に女性の場合は、少し白めで・キレイにした方が喜んで頂けるのでその辺の指示があると、仕事がしやすいです。

キャスマッチ

連休中にイロイロ試してみました。

歯科技工所には様々な画像が送られてきます。明らかに色被りしている画像を手元のシェードガイドと見比べて近づける作業は正確性に欠け、時間も掛かり、疲れます。グレーカードやキャスマッチで数秒で補正が出来るのはとても楽です。

画像補正についてです。キャスマッチの白・黒・グレーの3点でレベル補正をする方法と銀一のグレーカードを使って補正する方法を比較してみました。

銀一シルクグレーカードVer.2は薄いライトグレーの面がより精度の高いニュートラルグレーに製造されているそうなので、そちらでリセットをしてから濃いグレーにスポイトを移動させてみると、ほんの少し青が強いみたいです。

同様にキャスマッチの白・黒・グレーを調べてみると面白い結果が出ました。黒とグレーは少しバラつきが見られ、スポイトを少し動かしただけで大きく数値が変わる所がありました。

しかし、白の部分はほとんどR・G・Bの数値は変わらず、測色するポイントを変えてもごくわずかな変化量である事から、銀一シルクグレーカードのライトグレー面と同等のニュートラル性を持つ事が判ります。白の部分は完全な白ではなく、限りなく白に近いライトグレーって感じです。良いですねぇ。

キャスマッチの配置場所も試してみました。やはり中央付近から離れるほど数値が変化していきました。

フラッシュ光の反射を抑える様な印刷がされていますが、角度と距離によっては反射してしまいます。補綴部位の近く・シェードタブの近くに平面をキープした状態で撮影した方が良さそうです。

左:キャスマッチ補正         右:銀一シルクグレーカード補正

合成比較してみます。結構違いが出るものですね。

私の撮影機材・モニター環境では銀一シルクグレーカードで補正した方が目視に近い感じがしました。明るさを微調整する必要がありますが・・・撮影するカメラにもよりますので、この結果が皆さんにも当てはまる訳ではありません。松風さんのアイスペシャルはキャスマッチ補正の方がハマる様な雰囲気です。後で試してみたいと思います。キャスマッチはとてもコンパクトですし、彩度・明度の微調整の参考にもなりますので便利です。形成外科のお医者さんが開発したらしいです。皮膚科の医療現場でも我々が使用しているカメラや機材で撮影するみたいですね。皮膚の炎症の度合いなどを評価するのに正確な色の再現性が求められるらしいです。

画像補正については、月刊 歯科技工の2014年4~6月号で神谷嘉史先生が論文で発表されているので、興味のある方は是非調べてみて下さい。凄く勉強になります。より精度の高いニュートラルグレーカードを数種類写しこんで補正するのが間違いない方法の様です。

画像合成試適などハイレベルな使い方をしないのであれば、そこまで高精度の補正作業は必要ないのですが、グレーカードが写しこんであり、ワンクリックで補正が終わるのはとても大きなメリットです。

遠方の歯科医院さんや技工所さんと仕事をする際に大事な事は、結果をしっかりフィードバックして貰い、コミュニケーションを取り、精度を上げていく事だと思います。

 

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ