難症例・・・の続き

今日あの症例が無事に納品されました。今回も苦労しましたが、難しい症例ほど得るモノが大きいので、楽しいです。

 

先生:「川岸さん。こういう症例出ました(笑)」

この時点でもう不安。変色支台歯の色調差・・・。

私:「フレーム試適の時にお伺いします。肉眼での確認が必要な症例です。」

変色支台歯の影響を受けないような強力なマスキング処理が必要。滑走運動の向き・角度から推察すると、切縁のチッピングリスクは高い。ので、フルバッキングタイプのフレームにしたい。・・・が、歯頚部~切縁まで絶妙な透明感がある。歯牙内部の奥深い部分からじわ~っと発色している。肉眼でしか分からない。来て良かった。

間違いなく、最高レベルの難易度だ。口腔内再現模型(擬似支台歯模型)の製作は必須です。

やるべき事を確実に・・・当たり前の事をしっかりと・・・これが大変なんです。省略・手抜きはね、結局ゴールから遠ざかるんです。急がば回れです。

色調確認の試適も快諾して貰えましたので、このぐらいで試適をして外部ステインで修正したら良いかな・・・。

その後、アポイント変更のお知らせ・・・結構時間が空いたなぁ。ここで・・・

明度低下恐怖症を発症・・・大改造(笑)。余計な事を・・・

 

試適です。

試適の時に色の外し方が大きいと患者さんの要求が増えるマズいパターン。

患者さんは不安になりますからね。

オペークレイヤーの効き目は強烈ですね。要注意です。

でもね、転んでもただは起きぬ!!

グレーカード法を試してみます。手持ちのいい加減なレベルですけどね。シェードガイドは使いません。

ラボで確認する時も同じグレーカードを写し込んで、露出を揃える。ただそれだけなんですが、歯牙とレンズの位置・歯軸・角度・グレーカードまでの距離・角度・カメラのセッティング。

とてつもなくシビアな作業。

出来上がった画像と口腔内画像を合成して、グレーカードの明度を合わせます。

お口にセットされたら、こんな感じになるはず。いろんな部分の色がズレていますが、そもそも完璧な手法では無いので(手持ちだから)・・・。この辺で勘弁してもらいたいです。急に作戦変更して初挑戦した技法ですが、説得力がありますよね。画像に。セットしてみないと分からないけど・・・。

そしてセットです。

セメント合着前・トライインペーストなし

セメントの色調は影響大です。

カポッとはめてあるだけですので歯頚部付近が明度低下していますが、セメンティング終了後は上の合成写真とほぼ同じ様な発色をすると思われます。言い訳(笑)。

「川岸さん。凄くイイですよ!!」と先生が興奮気味なリアクションをしたので、トライインペーストを入れ忘れてしまいました(笑)。側切歯に明度差が出てしまったのが反省点です。中切歯より暗いとカッコイイんですけどね。

患者さんはとても喜んで下さいましたので、安心しました。

ちょっとビックリです。とてもルーズなアプローチながら、まずまずの結果が得られました。自分のカメラで撮影できる環境にある技工士さんは、一発セットの確率が上がる技法だと実感しました。

ただ、「確認の正確性が上がった」だけなので、狙った色に築盛するスキルは絶対必要ですし、ストロボの光源のみで正面からだけの評価ですので、ステインを塗りまくって似せたとしても残念な結果になるのは明らかです。

私達はミックス光のもとで、色んな角度で対面してコミュニケーションをします。ステインの使用は最小限に・・・。基本は変わりませんね。

新・攻略法

㈱松風さんのプレスセラミック用陶材 ヴィンテージLDの新色が良かったですよ

技工士さんから問い合わせが何件かありましたので・・・

オペークデンチンのOD-LAOD-Wが気に入りました。配合率を変えてカスタムシェードガイドを作ろうと考えています。

A1より明度が高い場合や、ホワイトニング経験者のミルキーなエナメル色の再現が難しかったので、どうしてもジルコニアセラミックに逃げる事が多かったのですが、これは使えるパウダーです。

今までは、明るく不透明なインゴットでプレスしてスタートしていましたが、プレスフレームの絶対的な厚みが必要だったり、プレス温度の微調整が難しかったり、何より一番ダメなのが焼成回数により明度が落ちる事でした。フレーム自体の明度に頼っているのにねぇ・・・。

今後は大きく作り方を変えて、フレームは薄く・オペークデンチンのスペースを作り対応していきたいです。ジルコニアフレーム風プレスフレームみたいな感じで・・・。

マテリアル的にはインレーやラミネートベニアは最高なんだけど・・・。シングルクラウンの場合はね・・プレスフレームの透明感を活かせる様な健康的で明るい色調の支台歯の症例ってなかなか無いんだよね。実際は・・・。何らかの問題があるから治療してクラウンを補綴するわけだから。

支台歯色の写真が無かったので、保険のつもりで少し明るめに仕上げて、修正できるように納品しました。

明度を下げる・彩度を上げるのは簡単ですからね。

患者さんが喜ぶレベルのズレなのか、先生の神対応なのか、一発セットになりました。良いのかな?終わり良ければ何とかです・・・。

肉眼だともう少し白く見えるはず・・・マッチしている様にみえるアングルで撮影してくれたんだと思います。ありがとうございました。

 

難症例

お盆休みに入りました。

しかし、難症例がありますので・・・今日もラボに居ます(笑)。

支台歯の色調がバラバラです。ジルコニアフレームの色調選択や使用するセメントの選択も重要です。

ワックスアップして唇側コアを製作し、フレーム形態にカットバック。CAD/CAMセンターに送ります。

完成したフレームを調整して、フレーム試適です。

遮蔽力の強いトライインペーストを使用してセットしてみました。側切歯の明度がかなり違いますね。比較しやすい様に合成してモノクロにしてみると・・・

この時点でここまで明度差があると、オペーシャスデンチンでは歯が立ちません。

オペークレイヤーも併用する必要があります。こういう症例の時はオペークレイヤー焼成まで、もしくはオペーシャスデンチン焼成まで進めてから試適に臨むのもアリですね。

一度でピッタリ色が合う可能性は低い事・試適・修正も重要なステップである事を説明すると納得して下さいました。良いモノを提供したいという熱意が伝わったのか、歯頚部・中央部・先端部で色が違うのが気になる事をお話しして下さいました。歯科技工士の習性で美しいグラデーションは全力で模倣したくなりますが、患者さんはそれを望んでいない場合があります。

しっかり説明して、信頼してもらい。最善を尽くす。話術を磨く努力も大事な事ですよね。

 

側切歯

落として割れちゃいました。気に入っていたのにショックです。

さて、久しぶりに症例のブログです。

症例写真がたくさん載ってるブログは、あまり気持ちの良いモノではないのかな~なんて思ったりもするのですが、意外と一般の人(患者さん)の閲覧が多かったり、技工士さんからの問い合わせ・情報交換につながったりするので、これからも続けていきたいと思います。

真ん中から2番目の側切歯(そくせっし)に、ジルコニアの差し歯を作ります。

形や色は基本的には反対側に似せて作るのですが,咬耗(擦り減って、削れる事)が激しく、薄くなってしまい、色も他の歯とは違う雰囲気です。紫っぽいグレーな色になっています。あまり健康的には見えない為、中切歯・犬歯・下の歯を参考に統一感を優先し、違和感の無い色で製作する事を提案し、患者さんの了解が得られました。

ただし、完全に反対側を無視してしまうと1本だけ浮いて見えてしまうので、先端の紫っぽい透明感は取り入れたいと思います。

先生がコントラスターを準備しておりました。本気モードです。頑張らないと・・・。フレーム試適後・一発完成です。

これが完成です。少し赤みが強かったですが、患者さんの満足は得られました。

 

運も実力のうち?

こんにちは。今日はジルコニアクラウンの臨床例です。

ジルコニアフレーム試適&シェードテイクです。

参考にする反対側の歯は治療の痕跡があり、もともとの色が分からないので中切歯(真ん中の歯)を参考にします。

ちょうど半分で大きく色が分かれてますね。上の方がグレーで下の方がオレンジ・ピンクです。

詳しく分析してみます。

天然歯は切縁(上の方)にフラッシュ光の反射エリアがあり、シェードタブは歯頚部(下の方)に反射エリアがあるので、とても信頼度の低い画像です。

下顎の症例は撮影が難しいです。

撮影者は私です(笑)。

困難なスタートになってしまいました。さらに・・・・・・・・・・・・・・・・

支台歯の色を確認する画像を撮り忘れました。

ダブルミス・・・。ジルコニアフレームの色調が白すぎるので、上半分の透明感・グレーな感じを表現するのは激ムズです。フレームの反射を抑えて存在を消すワザが必要です。

一発OKをもらうのは絶望的か・・・。いや、頑張って行きましょう。

下顎はセラミックを盛れるスペースが少ないのでフレームの下地処理がとても重要です。模型上でこの位の色調で仕上げて納品しました。

—————————————————————————————————

数日後、先生からメールが・・・「バッチリでしたよ。」

あれ?修正の依頼じゃないのか?画像を添付して下さいました。セット前がこちら

こういう支台歯色だったんだ・・・結構差がありますねぇ。そしてセット後が

長さが揃わないのは、噛み合わせの関係です。側切歯エナメル色の白さ加減と歯頚部のピンクっぽさが、やや不足していますが、悪くは無いと思います。下地処理の工夫が良い効果を生みました。

それにしても、キレイな画像ですね。ありがとうございます。歯科医院さんからフィードバックがある事で今後の対策を考える事が出来ます。

ラッキーでしたね(笑)。

——————————————————————————————————————

そう言えば、「ブログの症例をもう少し大きいサイズで見たいです。」

とリクエストがあるのですが・・・・・

Googleの場合は、右クリックして ‟新しいタブで画像を開く”

Firefoxの場合は、右クリックして ‟画像だけを表示”

をクリックすると見る事が出来ます。あまり細かい所は見ないで下さいね(笑)。

 

 

 

 

心優しいジェントルマン

こんにちは。今日はジルコニアクラウンの臨床例です。

シェードテイク画像です。支台歯が暗いですねぇ。要注意です。

上の唇が少し下がっただけで、フラッシュ光の当たり具合が減少して、歯頚部の明度が低く写っています。写真は‟カメラのスペックよりも撮り方”が重要です。

撮影者は私です(笑)。

こっちが松風さんのシェードガイドで

こちらがVITAさんのシェードガイドでの分析画像です。

・・・で、製作したのが

こちらです。ジルコニアフレーム試適は省略して、色調確認試適に進みます。

やっちまった。見事な明度低下・・・。彩度も低く、オレンジ色が弱いです。

修正箇所を説明する為に患者さんに鏡を渡したところ

「おぉ~いいねぇ~。」

あれ?ホントに?ニコニコしながら鏡を見ています(笑)。

男性の患者さんの場合こういう事が良くあります。が、この色では納品出来ませんので・・・今日は試適ですからね。

「別に気にならないけどな~。」の一言でグッとハードルが下がりました。

 

——–修正中——–

 

 

修正が終わったら擬似支台歯模型にセットし、いろんな角度で撮影。どんな発色をするのかをチェックします。

とても有効な技工ステップです。かなりの手間と労力が必要ですが、この作業をする事で高精度な確認が出来ます。

 

そして、セット当日・・・。

まだ暗い?(汗)。

表面をもう少しツルッとさせたかったです。

患者さんは満足して下さいました。それが一番大事です。

側切歯は反対側に似せる事に加え、中切歯・犬歯との連続性や周辺との調和も大事なので、中切歯を製作する時とは違う面白さがあります。

製作した方は反対側よりもスペースが広くて、どうしても幅が広くて違う形になってしまうのですが、とっても優しいジェントルマンでしたので歯の形も優しい感じに製作しました。

ポーセレンルームに余裕がある症例こそ明度低下に気をつけないと・・・。

 

ゴールを決めるのは・・・。

こんにちは。今日は仕事のお話しです。

シェードテイクとジルコニアフレーム試適の画像です。

A3とA3.5のシェードタブが黄緑色に見えるという事は、患者さんの天然歯は赤みの強い色をしているという事です。3本とも違う色をしています。真ん中から中切歯・側切歯・犬歯と言います。

中切歯は根元の所がピンク色ですねぇ。もう歯肉の様な色でしょ?先端にかけて白っぽいですA3より白いです。ジルコニアフレームの白さから推察するとA2より白いかな?

側切歯は明度が低めで深みのある透明感があります。先端の手前側が少しブラウンですね。根元は少しピンク系。

犬歯は1本だけ不透明な感じで他の2本よりは明度が高め・・・。

こんな感じかな?擬似支台歯模型はワックスなのでグニュグニュ動きます。ので、作業しているうちに真ん中に隙間が出来ちゃいました。お口にセットしたらピタッといきますのでご安心下さいね。

撮影する背景やアングルで全く別物に見えます。写真は怖いです。セットしてみないと何とも・・・。で、セットです。

これを試適として更に修正すればもっと良くなるんだけどなぁ・・・。と思ってしまいますが患者さんは満足されたようですので、これで完成となりました。側切歯の「乗っかってる感」を直したいです・・・。ピンク系のサービカルトランスルーセントを大胆に使いもう少し小さくして、ひっこめたいなぁ。下顎の前歯はセラミックを盛れるスペースが薄く・狭いので難しいです。

ゴールを決めるのは患者さんですからね。少しでもキレイに・明るく健康的にと言う技工士補正が邪魔をしてイマイチ似せきれませんでした。が、明度低下させてグレーな差し歯になってしまうよりは良いのかなぁと思っています。

最初のシェードテイク画像とセット後の画像は歯科医院の先生が撮影してくれたものですが、とても精度の高い良い情報です。

歯の色でお悩みの患者さん・差し歯の完成度に不安を持つ患者さんは、歯科医院に専用のカメラがあるかどうか、歯科技工士さんが見てくれるかどうかをポイントにして、歯科医院を選んでみてはいかがでしょうか。それでも、残念ながら1回でピタっと色を合わせるのは困難です。正直なところ・・・。より高い精度で色や形のマッチングを望まれる場合は、もう少しだけ来院回数と期間が増えますので、ご理解・ご協力をお願いしますね。とても根気の要る製品なんです(苦笑)。

 

 

 

 

奥歯

「臼歯のシェード写真って、どう撮れば良いですか?」

臼歯とは奥歯の事です。前歯ほどシビアなマッチングは要求されないので、技工士としても少し気が楽ですが、患者さんがどの程度のものを想像しているか・希望する色はどの位なのかを察知するセンスが必要です。

「奥歯はこの色が一般的ですよ~。」と、適当な事を言って押し付けるのはNGです。シェードタブを選んだら鏡を見て確認して貰い、同意をして頂く事が大事だと思います‟私も一緒に選んだ”という感覚を持てますから・・・。

前歯と同じように3本のシェードタブを使うのは困難なので、私は別なシェードタブを使っています。

松風さんのヴィンテージ カラーインジケーターです。単色でテーパーが付いているので、厚みの変化に伴う色の濃淡も確認できます。支台歯色のシェードテイク時などコレがあると便利です。

反対側の写真があると、さらに助かります。

上顎(上の歯)の場合は、会話中に対面する人に見える事は少ないですが

咬合面・頬側面の色が判るように何枚か撮って頂けると有り難いです。

Nikon D90  1/125秒 f/22  リングフラッシュ

カメラ好きなマニアックな先生はミラーを使って反対側と比較できるような凄い画像を送ってくれたりします。その分プレッシャーを感じますけど(笑)。

反対側同名歯のプレスインレーです。

もう1ランク透明なインゴットでも良かったかな(汗)。インレーの場合は、歯頚部~咬頭頂のグラデーションが強い症例が難しいです。セレックをお持ちの先生方は判ると思います。適合に関してはプレスインレーの圧勝ですので、セレックインレーに飽きてきた先生方はお試し下さい。感動ものですよ。もちろん技工士さんの腕にもよりますよ(笑)。

咬合面へのステイニングは歯科関係者にはうけますが、患者さん的にはあまり嬉しくない事のようです。特に女性の場合は、少し白めで・キレイにした方が喜んで頂けるのでその辺の指示があると、仕事がしやすいです。

差し歯に合わせる

こんにちは。最近続いている差し歯に合わせる症例です。

フレーム試適・シェードテイク

歯頚部の明度はW3が一番近いですね。デンチン~エナメルのグラデーションは、ほとんど無くて切端のデンチンカットバックは、ごくわずかで良いみたいです。エナメル色の選択が難しいですね。この白さはデンチン陶材の内部からの発色なのか、白めのエナメル色を被せてあるのか・・・。

一番厄介なのは、緑・グレーなデンチン色です。IVOCLAR社・VITA社な感じ。残念ながらこういう色調は松風さんの陶材のラインナップには無いので、少し白めで作ってからステイニングで似せていく作戦にしましょう。

 

 

試適・咬合調整・形態チェック

ステイニングでの明度低下を考えるとこのぐらい明るくしておかないとキツイです。ロングコンタクトの修正も必要ですね。難しいです。

完成

セット日の2日前にTEK(仮歯)が外れてしまい、マスクをして我慢したそうです。歯肉のボリューム感が、だいぶ変化してしまいました。しっかりとケアする事で歯肉は元の状態に戻る可能性があります。TEKは大事ですね。

患者さんのOKはもらえましたが、肉眼で見た時の違和感は残ります。試適の時には感じられた歯頚部の透明感が無くなってしまいました。下地でこの色調を完成させておき、トランスでカバーしたらもっと良かったのかも知れません。

歯頚部への外部ステインは致命的ですね・・・。学ぶ事の多い症例でした。

ラボ見学

いつもお世話になっている歯科医院さんがラボ見学に来て下さいました。

患者さんに説明出来るように、ジルコニアクラウンの製作工程シェードテイキングの注意点・口腔内撮影のポイントなどを質問して下さいました。治療の合間だけですと、なかなか深い話が出来ないので、このような機会はとても有り難いです。

歯の色合わせ(シェードマッチング)についての意見交換がメインでしたが、カメラの違いや撮り方・技工士が欲しい画像とはどういうモノか等、かなりマニアックな提案もさせて頂きましたが、とても真剣に聞いて下さいました。

セット時の立ち会いが出来ずに気になっていた症例があったのですが・・・。

明度の高いインゴットでプレスして、明度低下しない厚みをキープ

ほんの少し彩度を高くしておきます。トランスルーセントをレイヤリングしますから・・・。明度低下も大丈夫。

エナメルとトランスルーセントを築盛して黒バックで確認。

口腔内写真をバックにして、外部ステイン前のチェックをします。

残念ながらセット日にスケジュールが合わず、ガッカリしていたのですが、セット時の画像データを頂きました ♡コントラスターを使ってくれた♡

プレスセラミックで明度低下に苦しめられたケースです。ここでも明度低下恐怖症が出てますね(笑)。

歯冠中央付近の表層にトランスルーセントが足りない・表面のツヤが足りない・先端の透明感とシャープな形の表現が甘い所が反省点です。ニコンの描写力は凄いですね。こんなに上手に撮られたら、技工士さんは大変になりますね(泣)。頑張らないと・・・。

「今度、歯科医院でシェードテイクと口腔内撮影の勉強会をしたいです。」とお願いされましたが、とても良い企画だと思います。シェードマッチングは情報伝達がキモですからね。

患者さんの為に何が出来るのか・次の改善点はどこか、常に進化しようとする情熱が半端ない歯科医院さんです。その熱量は間違いなく歯科技工士にも伝わり、モチベーションの高い状態をキープ出来ます。本当に感謝しています。

とても楽しい時間でした。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 0175-37-5235

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ