イマジネーション

さて・・・先日シェードテイクに行ってもらった症例。プレスセラミックです。

やっぱりね、A3は要らないからA1の隣にW3が必要かな・・・こういう時は

同じ様な場所にシェードガイドを設置して撮影。

合成して露出だけ調整します。A1のシェードタブの半分の所に境目を持ってきて調整します。背景・シェードガイドの角度が違うので、色相・彩度・明度全てズレます・・・が雰囲気は分かります。

これで、W3・A1のパウダーの配合率の参考やレシピの組み立てが、だいぶ楽になりました。

A1より白いのは分かるけど・・・どれくらい白いのかが知りたいので・・・

歯科医院さんから送られてくる画像にこういうタイプがたまにあります。1枚目の画像だと唇が歯頚部に近いので、少し暗めに写っている可能性もあります。

全体的に透明感のある歯牙です。が歯頚部の変色歯質をカバーする遮蔽力も必要です。さぁ・・・どのインゴットを選択しますか?

技工士にはイマジネーションが必要です。全ての症例のシェード撮影に関与できればベストですが・・・

前歯部のシェードマッチングは難しいのです。

 

おっさんのコミュニケーション能力

『白く、キレイにして欲しい』

俗に言う「すきっ歯」や「出っ歯」を改善し、歯列を整える治療を矯正治療ではなく、セラミッククラウンで行う症例です。

その際に、ご自身の歯の色よりも少し白めのセラミッククラウンにする場合

『白い』にもイロイロ種類があります。不透明な白・透明感のある白・・・患者さんに説明するのもなかなか難しいのですが、私は説明する時に

『牛乳とカルピスウォーター』を例に挙げると、ほぼ全ての患者さんが理解してくれます(笑)。

また、「すきっ歯」や「出っ歯」を改善すると、大きく・長い歯になる事が多いのですが、プロビジョナルクラウンを作ってしっかりと対応すると、大体OKしてもらえます。

心の準備があると全然違うモノです。プロビは偉大です。

「白さ」や「形」の説明に使用するサンプル模型を数種類持っていると大変便利です。クリニックでイロイロ説明は受けているのですが、患者さんはイメージが湧かない状態で本番のセラミッククラウンをセットされる時があります。それが怖いんです。

実際にセラミッククラウンを製作する歯科技工士が、説明・サンプル模型の提示・プロビジョナルでの評価等に参加して、心の準備・イメージの具体化に協力してあげる事で歯科医院への信頼度は桁違いに上がる様に思います。

若い時から現場に足を運んで、患者さんと対話する事を重視して30年近くになります。

髪の毛が減り、風貌がオッサンの完成形に近づいた事も大きな要因でもありますが(笑)、患者さんへの対応にも余裕が出来て、冷静に表情を分析し・要望を深く理解し・話を最後まで聞いてあげて、軽く笑いを取る・・・所まで来れました(笑)

「マジメで物静かで手先が器用だけど、人と接するのが苦手」な人にお勧めなのが歯科技工士???

いやいや。歯科医院や歯科技工所の様な会社組織に属するにはコミュニケーション能力が高い方が重宝されるし、患者さん対応するには、プレゼン能力が無いとマズイですよ。

プレゼン能力・コミュニケーション能力をフルに発揮して喜んで頂けました。

製作技術がイマイチなのは自覚しているので、努力します💦

ご予約・お問い合せ お電話・メール、どちらでもOKです。お気軽にお問い合せください!!

お電話の方

受付は10時〜18時(日曜・祝日休み)

 080-3147-2769

メールの方

24時間メールフォームで受付中!

 お問い合せフォームへ